丸山和也の食い逃げと殺人の真相は!?弁護士失格の大失言を繰り返す?

スポンサーリンク

参議院議員の丸山和也氏に「食い逃げ」と「殺人」などの噂が話題となっています。

丸山和也氏は弁護士であるのにもかかかわらず、衆議院議員選挙の応援演説においても失言をしているようで、かなり注目を集めていますね。

そこで丸山和也氏のプロフィールや経歴から「食い逃げ」「殺人」などのキーワードの噂について、そして弁護士失格ともいえる失言を調べてみました。

1. 丸山和也は弁護士タレントとして活躍!参議院議員にも当選!

丸山和也顔写真

本人のツイッターから引用

まず丸山和也氏のプロフィールと経歴を簡単にご紹介します。

プロフィール

  • 氏名:丸山和也
  • 生年月日:1946年1月23日
  • 出身地:兵庫県揖保郡新宮町
  • 出身大学:早稲田大学法学部・ワシントン大学ロースクール
  • 趣味:座禅・寒中水泳・滝行・ランニング

経歴

  • 大学卒業後に国家公務員となり法務省職員となる
  • 1970年に司法試験に合格
  • 1976年にワシントン大学ロースクールに入学し、卒業後にロサンゼルスで3年間勤務
  • 1980年に日本に帰国し弁護士活動を開始
  • 2000年から「行列のできる法律相談所」に出演しタレント活動を開始
  • 2006年にはCDデビュー
  • 2007年の参議院議員選挙に出馬し初当選
  • 2013年の参議院議員選挙においても再選され現職

丸山和也氏といえばやはり「行列のできる法律相談所」への出演でしょう!とても個性的で面白い弁護士として一気に認知度が上がりました。

恐らく議員になることは想定されていないと思いますが、テレビ出演のおかげで多くの方が丸山和也氏に投票したと思われます。2007年以降1度も落選することなく2期目を務められています。

スポンサーリンク

2. 丸山和也は情報を「食い逃げ」した!「殺人」や「沢口靖子」は特に関係なし!

丸山和也食い逃げ

丸山和也氏を検索すると「食い逃げ」や「殺人」、「沢口靖子」や「松たか子」というキーワードが出てきますが、いったいどのような事なのでしょうか。

丸山和也の食い逃げとは?

丸山和也氏の「食い逃げ」とは決して無銭飲食をしたということではなさそうです(笑)。

丸山和也氏が何を「食い逃げ」したかと言うと、とても価値のある情報を情報提供者からもらったのにもかかわらず、丸山和也氏は何も対価として払わなかったことから「食い逃げ」と言われているそうです。

「食い逃げ」された価値ある情報というのはゆうちょ銀行に関する違法業務関連の情報だそうで、その価値ある情報を情報提供者の利益を無視して処理したみたいですね。

確かに自分の手柄になる情報を情報提供者から貰っているのに、その提供者にお礼をしないというのは提供側からしたらありえないでしょう。

この噂が広まることで丸山和也氏にはあまり良い情報が入ってこなくなったのではないでしょうか。

丸山和也の「殺人」とは

次に丸山和也氏の「殺人」というワードについてですが、調べてみたところ全く関係のないワードのようです。

いったいなぜ丸山和也氏と「殺人」というワードが結びついてしまったのか理由はよくわかりませんが、恐らく丸山和也氏のことをよく思わない人が丸山和也氏とネガティブなワードを結び付けたのだと思います。

丸山和也の「沢口靖子」と「松たか子」とは

また「殺人」というワードの他にも「沢口靖子」や「松たか子」という有名女優に関連するワードもよく検索されているようですが、上記ワードも特に丸山和也氏とは関係なさそうです。

単なるうわさ話ならまだしも、何か丸山和也氏に関しては意図的にワードを結び付けられているような気がしますね。

それはもしかすると丸山和也氏の「食い逃げ」であってり、後述する「失言」からみる性格の悪さが原因なのかもしれません。

スポンサーリンク

3. 丸山和也の失言集!頭がおかしいのは彼なのでは!?

丸山和也失言

丸山和也氏とても失言が多い方として注目されています。2017年10月20日衆議院議員選挙の応援演説でもとんでもないことを言っているので、他の失言も含めご紹介します。

丸山和也の失言①:「相手候補に投票する人は頭がおかしい」

まず丸山和也氏は岩手県での衆議院議員選挙における応援演説で以下のような事を言いました。

自民党の丸山和也参院議員は19日夜、岩手県一関市であった衆院選立候補者の個人演説会で「相手候補に投票する人は脳がおかしい」などと発言した。
応援弁士として演壇に立った丸山氏は相手候補に投票する有権者を「認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と批判した。

引用:河北新報

本人は言い過ぎたかもしれないとのコメントを出しましたが、言い過ぎたどころではないですよね!

安倍総理なんて「あんな人達」と言っただけで大バッシングだったのにも関わらず、完全に野党へ投票する有権者を頭おかしいとまで言ってしまっています。完全に頭がおかしいのは丸山和也氏でしょう!

丸山和也の失言②:「日本はアメリカの51番目の州」

この発言は2016年2月の発言ですが、丸山和也氏は日本がアメリカの51番目の州になれば集団的自衛権の問題もなくなるといったような趣旨の発言をされています。

審査会の議論は「二院制のあり方」をテーマに進められた。その中で丸山氏は「たとえば、日本が米国の51番目の州になるということに憲法上どんな問題があるのか、ないのか」と切り出し、

「そうすると、集団的自衛権や安全保障条約は全く問題にならない」
「『日本州』の出身が米国の大統領になる可能性が出てくるということ。世界の中心で行動できる日本になりうる」などと発言した。

引用:JcastNews

日本をアメリカの51番目の州として現在の問題を解決するという発想はとても凄いですね!普通の国会議員ではできない発想でしょう!心の底から彼が国会議員であることが心配になってきます(笑)。

丸山和也の失言②:「アメリカの大統領は黒人。これは奴隷。」

また丸山和也氏は2016年2月の国会において、当時のアメリカ大統領であったオバマ氏に対して以下のような内容を発言したようです。

参院憲法審査会で自民党の丸山和也氏が「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引く。これは奴隷ですよ」と語った。人種差別と受けとられかねない。オバマ大統領の父はケニア人で、奴隷の子孫でもない。

引用:読売新聞

丸山和也氏は本当に弁護士をされているのでしょうか。いったい弁護士として何を学んだのでしょうか。とても不思議です。

上記の失言はもちろん前後の文脈があってこその発言だと思われますが、前後の文脈をどう考慮しても許されるような発言でなないことは伝わってきます。

有権者の反応

丸山和也氏が参議院議員としてどのような実績をあげているのかあまり目に見えないことも気になりますが、彼の心無い失言が多くの与野党支持関係なく有権者全員を不安にさせていることは認識してもらいたいですね。

チャナレの達人

この記事のチャナレはこれだ!

  • 丸山和也は過去に価値ある情報を提供者から得たにも関わらず、報酬を支払わなかった
  • 丸山和也は特に関係ない検索ワードでなぜか多くヒットする
  • 丸山和也は失言が多く、政治家としても弁護士としても資質が問われるのでは
  • 一番損しているのは丸山和也に応援演説をしてもらった衆議院議員選挙の候補者

金子恵美代議士は韓国人?帰化は両親?菊田真紀子とのSNS乱闘とは?

2017.10.13

吉良州司のデリヘル嬢へ30万示談金疑惑!原因や理由は?希望の党公認!

2017.10.11

下条みつはパワハラ暴力議員!?希望の党公認も秘書から訴えられる?

2017.10.11

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です