議員年金の金額や理由は?復活する為に増税!?国民の怒りの声が殺到!

スポンサーリンク

自民党の総務会で議員年金の復活の検討するという意見が出されて国民の怒りの声が殺到しています。しかも今自民党は限りなく様々なものに対して増税しようとしている状況です。

いつものことですが選挙中には増税や議員年金復活といった政権支持に不都合なことは全く言わず、あくまでも学費の全額免除や福祉の改善といったことしか口にしません。

あくまでも増税により、新たな行政サービスが行われるならまだ理解できますが、国会議員の為の年金を再度復活させる財源となると考えるとそれは国民も怒ります。

そこでこの議員年金の金額や復活議論、そしてそれらに対する国民の怒りの声を集めてみました。

1. 議員年金復活の検討開始!?その理由は?

2017年11月14日の自民党総務会において議員年金を復活させる必要があるのではと意見が出されて話題となっています。

議員年金とは?

議員年金は11年前に廃止された国会議員互助年金制度です。2006年に廃止になったものの、それまでに掛けられた金額に関しては減額して年金として支給されることとなっています。

このことから現行の状態においても国会議員の議員年金が完全に廃止になるのは、現在年金を既に掛けている人が議員を引退されるまでとなります。

議員年金復活の理由は?

その廃止された議員年金を復活させる必要があるのではとの意見が出されました。その理由は以下のようです。

  • 待遇が悪いのは当たり前だという風潮では優秀な人材が集まらない
  • 国会に合わせて、地方議員も議員年金がなくなり、非常に困っているという声もある
  • 若くして当選した国会議員は、辞めたら全員生活保護になるような状況

会議の中で上記のような意見が出されたといいます。

正直この理由が復活の検討のきっかけになるとなるとどうしたものかと思いますね。日本の国会議員は本当に待遇が悪いのでしょうか?一人当たりの予算はかなりつけられているはずです。

また国会議員はやめたら生活保護になるなど本当にあるのでしょうか。多くの優秀な方がそれなりのキャリアを背負って立候補しています。たとえ議員になれなくても再就職先はあるのではないでしょうか。

国会議員の方々の目先の利益だけの議論がされており、心配ですね。自分たちの利権を語る前にやることがあるように思うのですが。

2. 議員年金の支給金額は?財源は増税?

そして気になるのは議員年金の支給金額と財源についてです。

議員年金の支給金額

議員年金は以下の掛け金と支給金額となっています。

  • 受給資格:在職10年
  • 在職時掛け金:126万6000円(年間)
  • 受給額:年間412万円(在職時10年の最低金額)※在職が10年以上1年増える毎に年額8万2400円増える

つまり10年で1266万円を掛け金を支払うことが出来れば、引退後最低でも2年半もあれば掛け金は戻ってくる計算であり、それ以降はずっと毎年最低412万円は貰い続けれるというとんでもない制度です。

こんな儲けられる金融商品は世界のどこ探してもないのではないでしょうか。もちろん10年の在職というのが条件になりますが、10年議員として活動でなかった場合は掛け金の8割は戻ってくることになっています。

議員年金の財源は?

議員年金の財源は現在100%公費となっていることから、紛れもなく税金で支払われています。

今様々な行政サービスで財源が足りないということから、サービスの低下をさせたり財源確保のための増税をしたりしている中で、さらっと議員年金復活の話が出てくるのは本当に不思議です。

スポンサーリンク

3. 議員年金復活に関する国民の怒りの声!

この議員年金復活議論に関して国民は本当に怒っています!

ざっとかいつまんでみましたが、怒りの声の量はこんなものではありません。

相変わらずの議員特権ばかり考える脳に残念としか思えません。まだクレヨンしんちゃんの漫画を買っていた舛添要一の方がなんだか可愛げがあるような感じさえします。

そもそも国会議員を減らす話はどうなったのでしょうか。まだ政治資金を違法に使用している議員が多い中で、他に厳しくやるべきところがあるのではないでしょうか。

ありえないですね。

チャナレの達人

この記事のチャナレはこれだ!

  • 議員年金復活の検討が必要と自民党総務会で意見が出ている
  • 自民党総務会の話では若手議員は議員年金がないと選挙に落ちると生活保護になるらしい
  • 議員年金は10年かければ2年半でもとがとれて、それ以降は全部利益
  • 議員の節約もせず国民年金の受給年齢を上げようとしている人間たちの愚行
  • 国民はこれには本当に怒っている
  • がんばれ立憲民主党

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です