斉藤真由美の夫や家族、経歴は?寝屋川乳児遺体バケツ遺棄事件!

スポンサーリンク

2017年11月20日大阪府寝屋川市に住む斉藤真由美容疑者が自分の生んだ乳児をバケツに入れコンクリートを流し込んで埋めたと供述しました。そして斉藤真由美容疑者の夫や家族、経歴について注目されていますね。

そもそも斉藤真由美容疑者はなぜこのような犯行に及んだのでしょうか。彼女の情報と共に社会的背景など含めて調べてみました。

1. 大阪府寝屋川市で斉藤真由美が乳児をコンクリートに埋めたと供述!

大阪府寝屋川市で斉藤真由美容疑者が乳児を産み落とし、バケツに入れてコンクリートを流し込んで埋めたとの申告がありました。

捜査関係者によると、20日午前、寝屋川市内に住む女性が交番を訪れ、「乳児を産み落として、バケツにコンクリートとともに埋めた」と申告があったという。  人数については「3人から4人」と話していて、期間については、「数年前から」と話しているという。警察は、女性が申告した現場で遺体があるかどうかを詳しく調べている。  現在、遺体は見つかっていないが、コンクリートが入ったバケツが4つ見つかったという。

3~4人の子供を産んで埋めたとなると、少なからず4年はかかるのではと思います。

もし斉藤真由美容疑者の言っていることが本当ならばこの数年間の間に妊娠・出産・殺害を繰り返していたことになります。

またこの出産の事実を知られずに犯行に及んでいたとなると、この女性は病院などでは出産せず、家で産んで殺害をするということをしていたことになります。

また3~4人埋めたということはかならず妊娠を知っている男性がいるはずです。このあたりもまだ解明されていませんが、かなり不可解な事件な感じがします。

2. 斉藤真由美が乳児をバケツに入れて埋めた動機は?

そして斉藤真由美容疑者が自分の生んだ乳児をバケツに入れてコンクリートを流し込んで埋めた動機や理由が気になります。

大阪府寝屋川市で乳児の遺体をバケツにコンクリート詰めにしたとして女が逮捕された事件で、女は「金銭的に余裕がなく育てられないと思った」と話していることがわかりました。

なんとこの乳児を産んで埋めたのは20年以上も前だということです。しかし、20年以上前とはいえ、斉藤真由美容疑者は現在53歳であることからも、20代~30代にかけてということになります。

つまり成人しているわけで、決して中学生や高校生が妊娠してしまいどうしようもできないということではありません。

また必ず相手もいるはずなので、その相手はいったい何をしていたのかという点も不可思議ですよね。

この問題はまだまだ深い闇がありそうな気がします。

スポンサーリンク

3. 斉藤真由美の夫や家族は?

斉藤真由美容疑者について調べてところ、なんと子供がいることがわかりました!

  • 氏名:斉藤真由美
  • 生年月日:1964年生まれ
  • 出身地:不明
  • 住所:大阪府寝屋川市

現在、斉藤真由美容疑者は10代の一人息子と2人で暮らしているようです。そしてそれまでに旦那と呼べる人がいたのかは不明ですね。ずっとシングルマザーなのかもしれません。

そして息子さんの年齢が10代ということと、20年以上前に4人の乳児を遺棄したということなので、事件後にできた子供だということがわかります。

5人目の子供に対してはしっかり育てようと思ったということでしょうか。少なからず良心の呵責があったのではと思います。

4. 斉藤真由美の経歴は?

そして斉藤真由美容疑者の経歴についてですが、まだ詳しいことは判明していません。

この事件の本質が貧困である可能性があることから、斉藤真由美容疑者がどのような人生を送ってきたのか、どのような仕事について生活してきたのかをしっかり分析する必要がありますね。

この事件は単なるシングルマザーが生活に困って起こした事件というよりかは、どうも社会との関わり方が鍵となっているような事件に思えます。

チャナレの達人

この記事のチャナレはこれだ!

  • 斉藤真由美は大阪府寝屋川市で20年以上前に出産した直後の子供をバケツに入れて埋めて殺害していた
  • 斉藤真由美の犯行の理由は金銭的に余裕がなく、生活できるか不安だったから
  • 斉藤真由美は10代の息子と2人暮らし
  • 斉藤真由美の犯行は決してシングルマザーの貧困というだけでは終わらない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です