のら猫拳の画像紹介!写真集人気も賛否両論!?写真家は誰?値段は?

スポンサーリンク

飛び掛かる猫などをカメラで収めた写真集である「のら猫拳」が売上1万部を突破するという状況になっています。人気が急上昇しており、更に売り上げを伸ばす勢いです。ツイッターで話題になったこちらの写真集についてどのように撮影したのか、撮影した写真家は誰なのか、また読者の感想などを調べてみました!

 1. のら猫拳はどのような写真集?

のら猫拳写真集写真家値段

朝日新聞デジタルから引用

写真集「のら猫拳」は躍動的に動く猫の瞬間を捉えた写真集で、約3年間、10万枚の写真の中から選りすぐりの170枚を収めた写真集となります。きっかけは猫じゃらしで遊ぶ猫を撮影し、ツイッターに投稿した際にリツイートが4万回を超えたことがきっかけだったそうです。

のら猫拳写真集写真家値段

そこで徹底的に猫が躍動する写真を撮影することになったそうで、時にはテントを張って野営しながら撮影に挑んだこともあるそうです。

 2. のら猫拳はどのように撮影している?

のら猫拳写真集写真家値段

のら猫拳はとても躍動的な写真なので、どのように撮影しえちるか気になりますよね!この撮影方法は「企業秘密」だそうです。なんとも猫じゃらしに相当するオリジナル玩具で遊びながら、片手にカメラを持って撮影するそうで、想像するだけでけっこう大変そうですね。

のら猫拳写真集写真家値段

また中々心を開いてくれない猫もいるようで、しっかりコミュニケーションを交わして信頼関係を作ってから特性猫じゃらしで遊んで撮影させてもらえる感じなんだとか。信頼関係構築には長くて2か月もかかるそうで、そこまで根気よく通い詰めるのだそうです。

これも凄いですね。なんか猫と人間の関係性というのもあるでしょうが、これは人間の社会でも同じようなことなのではないでしょうか。信頼関係があって初めて本当の姿を見せてくれるというのは勉強になります。

スポンサーリンク



 3. のら猫拳を撮影した写真家は誰?

のら猫拳写真集写真家値段

そして気になるのはこの「のら猫拳」の写真家です。調べてみると名前は公表されてないみたいでした。この写真家の方は北九州市在住の29歳の男性ということまで公表されています。恐らく本人もこんなにブレイクするなんて思ってもみなかったのではないでしょうか。

住所からすると撮影された猫は北九州近辺の猫たちなのでしょう。撮影場所も「北九州のとある港町」となっていました。なんだかたくましそうな猫たちです。

 4. のら猫拳の写真集の値段はいくら?

のら猫拳写真集写真家値段

この写真集「のら猫拳」はアマゾンで1296円で販売されています!170枚の写真をこの値段で見れるのはお手頃なような気がします。そして何より、猫好きには今までにない写真集となっているのでたまらないのではないでしょうか!

 5. のら猫拳の読者の評判や感想は?

最後に「のら猫拳」を見た方々の感想を集めてみました!

買って良かった。今までのどの猫写真よりも気に入っています。特にヒゲダンスの猫ちゃんの為に購入したと言っても過言ではありません。惜しむらくはヒゲダンスの写真が小さい事。もっと大きなサイズにして欲しかったです。

 

黒猫拳や虎猫拳、更には社交ダンス(?)まで…!このアングルで野良猫ちゃんを撮れるの!?というのもびっくりでしたが、添えられた猫拳のストーリーなども切なくも面白くて最高でした!

 

最高です!犬が好きなのに!栞を挟んで何度もお気に入りのページを見て笑いました。猫と同じポーズをしたくなるのが悩みどころです。

 

ツイッターで知って購入しました。ニャンコのしなやかな躍動感!自分ではうまく撮れないので、こちらで満足しております。ニャンコ最高!

と、大絶賛のコメントが寄せられていました。しかし、中には反対の方もいます。

様々なメディアで紹介されているだけあって、とてもインパクトのある表紙。猫の躍動感をダイナミックに捉えているのは素直に「スゴイ」と思いますが、アスファルトの上でジャンプしている写真を見て、着地の際足を痛めないか….、勢い余って壁に激突しないか….、など、読み進めていくうちにちょっと心配になりました。アスファルトは猫の体にけっこう負担がかかりそう。

評価が分かれそうな写真集、ユーモラスな猫の姿を見て人によっては「面白い!」と思うでしょうし、逆に「かわいそう」とも思うでしょう。大半の評価は前者ですが、私の評価は後者でした・・・・。

 

読み進むうちに悲しくなる。

どのページを見ても、どの猫も全力投球。

いつの間にか、やらされてる感というのか弄ばれてる感しかしなくなる。

もう途中から飛ばし読み。

猫が不憫で仕方ない。

このように猫好きには猫好きの視点があるようで、賛否は分かれるようです。これも24時間テレビで障がいがある方が富士山に登ることを頑張れ!と応援する人もいれば、登らされて可愛いそうと非難する人もいるのと同じですね。結局は猫が楽しんでいればOKで恐怖心などでやらされているならoutって感じでしょうか。

兎に角、そこは猫に聞くしかなかそうですね。

この記事のチャナレはこれだ!

・写真集「のら猫拳」が1万部を超えて大ヒットしている

・「のら猫拳」は約3年10万枚の写真の中から選ばれた170枚を収録している

・「のら猫拳」の撮影方法は企業秘密であるが、オリジナルの猫じゃらし玩具などを使用

・「のら猫拳」の写真家は北九州市在住の29歳男性

・「のら猫拳」の価格はアマゾンで1296円

・「のら猫拳」の評価は賛否が分かれている

・撮影されている猫が楽しんでいるのかやらされているのかは猫にきくしかない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です