松山千春が飛行機で歌った曲は何?新千歳空港遅延でサプライズ!

スポンサーリンク

松山千春さんが遅延した飛行機内で歌をサプライズで歌い、乗客を喜ばせ拍手喝采だったという情報が入りました!

松山千春さんはどのような状況で歌をサプライズで歌ったのでしょうか?

1. 松山千春ざっくり紹介

松山千春が飛行機で歌った曲は何?

まず松山千春さんについて簡単にプロフィールをご紹介します!

氏名:松山千春

生年月日: 1955年12月16日

出身地:北海道足寄町

松山千春さんは高校卒業後に「全国フォーク音楽祭」の北海道大会に出場するも落選しますが、ラジオ局のディレクターに見いだされ、1976年に同局の「サンデージャンボスペシャル」内の15分コーナー『千春のひとりうた』でメディアデビューされています。

1978年にシングル「季節の中で」が大ヒットしたことで一気にスターとなり、そこから多くのシングルをヒットさせて確固たる地位を築きました。代表曲は「大空と大地の中で」「長い夜」「君を忘れない」などがあります。

松山千春さんはコンサート活動を積極的にされており、2007年には公演回数が2000回にも達しています。また現在においても継続してコンサートを開いており、観客動員も好調だそうです。

2. 松山千春が新千歳空港の遅延飛行機で歌のサプライズ!

8月20日、新千歳空港で飛行機が1時間出発が遅れた際、イライラしている乗客に対して松山千春さんがサプライズで自分の曲をワンフレーズ歌ったというのです!

偶然飛行機に居合わせた松山千春さんが機内放送のアナウンスを利用して歌ってくださったのですね!そしてその歌に乗客の方は感動し、機内で待たされるイライラも一気に吹っ飛んだそうです。

また松山千春さんは、歌の後に「皆さんのご旅行が、また、これからの人生が素晴らしいことをお祈りします。もう少し、お待ちください」とのコメントも添えられたとのことでした。なんとも松山千春さんの素晴らしい人格が現れてますね!

スポンサーリンク

3. 松山千春がサプライズで歌った歌は何?

松山千春が飛行機で歌った曲は何?

そして松山千春さんが歌ったのが「大空と大地の中で」のワンフレーズだったそうです!

「果てしない大空と広い大地のその中でいつの日か 幸せを自分の腕でつかむよう」

この超有名な曲のフレーズを生で聴けるなんて、不幸中の幸いというかめちゃめちゃ幸福なのではないでしょうか!

やはり松山千春さんはスターですね!この粋な計らいにより、多くの方の心が救われただけでなく、トラブルで遅延させてしまった飛行機側にも感謝されたに違いありません!

この記事のチャナレはこれだ!

・松山千春が新千歳空港で遅延している飛行機内でサプライズをした

・多くの乗客が遅延でイライラしたているところで、「大空と大地の中で」のフレーズを歌った

・乗客は感動し、拍手喝采

・やはりスターとは粋な計らいが出来るもの

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 素晴らしい機転ですね。趣味の短歌にして詠んでみました。「苛立ちの遅延機内を歌声で和みに変える松山千春」

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です