ウルトラマンジードは最年少の濱田龍臣に決定!シナリオは乙一!

スポンサーリンク

7月8日からテレビ東京系でスタートするウルトラマンシリーズの最新作が「ウルトラマンジード」に決定しました!平成以降のウルトラマンはV6の長野博さんが演じたウルトラマンティガから数えると12作目となります!

そして今回のウルトラマンジードを演ずるのは16歳の濱田龍臣さんと決まりました!史上最年少のウルトラマンとして大抜擢です!今回のウルトラマンジードはいったいどのような物語なのでしょうか。そして主演の濱田龍臣さんとはどのような方なのでしょうか。

1. ウルトラマンジードはウルトラマンベリアルの息子?

ウルトラマンジード

今回のウルトラマンジードはなんと、悪のウルトラマンで「最凶」と言われており、ウルトラマンゼロの宿敵であるウルトラマンベリアルの息子という設定だそうです!今までになかったストーリー設定で、視聴者が思いもよらなかったところから話が進んでいくと思われます。

ウルトラマンジード

このベリアルの息子のジードに抜擢されたのが16歳の濱田龍臣さんです。今回のウルトラマンは今までよりも若いウルトラマンの設定ですので、濱田龍臣さんがぴったりだったのでしょう!

2. 濱田龍臣ざっくり紹介

濱田龍臣

NAVERまとめから引用

濱田龍臣さんは2000年8月27日生まれの千葉県出身です。子役として昔から活躍しており、NHK大河ドラマである「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期の役などを演じている実力がある方です。また実写版「怪物くん」にも市川ヒロシ役に抜擢され、一気に注目を集めました。

そして今では多くのドラマや映画に出演されています。2010年には今回のウルトラマンベリアルも出ている「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」にもナオ役で出演されています!この点も濱田龍臣さんご本人にとっては、今回の主演抜擢も含めてとても縁が深いと感じられているようです。

好きなスポーツはサッカーで趣味はレゴ集めということだそうで、まだあどけなさが残っていますね!このような点もとても好感が持てます!

しかし、身長は既に175cmあるそうです!もう見た目は完全に大人なんですね!ルックスはイケメンでかつ可愛さも放っているので、今回の活躍で更に女性のファンの方がたくさん出来ると思います!

スポンサーリンク



3. シナリオ作家は乙一

乙一

そして今回のウルトラマンジードで注目されているのはシナリオ作家が乙一(おついち)さんだということです!乙一さんは小説家でもあり自主映画監督でもあるとてもマルチな才能をお持ちの方で、乙一さんの書くミステリーなどは作家さんのファンがいるほど。ミステリー大賞なども受賞しています。

とてもアニメやゲームが好きな方で、今回のウルトラマンもきっと乙一さんの思考にあっているのだと思います。そして持前のミステリー作家としてのスキルで、今までにない様々なストーリー構成を考えられているのではないでしょうか。その驚きの設定の一つが今回の主人公が悪役ウルトラマンベリアルの息子であり、きっと悪の視点から正義のウルトラマンジードが悩み苦しむ場面が散りばめられるのではと想像します。

きっと複雑なストーリーの伏線が最終回で一つになり驚きの結果を生むような今までに無い作品になりそうな気がします!今回のウルトラマンジードは期待大です!

4. 濱田龍臣が挑むウルトラマンジードへのみんなの反応!

今回の濱田龍臣さんの大抜擢にはたくさんの反響が出ています!

5. この記事のチャナレはこれだ!

・ウルトラマンジードの主演は最年少の濱田龍臣

・濱田龍臣は龍馬伝で龍馬の幼少期の役も務めた天才子役

・濱田龍臣は16歳だが身長が175cmもあり、かなりのイケメン

・ウルトラマンジードはウルトラマンベリアルの息子という設定

・シナリオ作家は乙一であり、ミステリー色がかなり盛り込まれる模様

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です