ブランケットキャッツに出演の島崎遥香の評判は?西島秀俊も賞賛か!?

スポンサーリンク

2017年夏のドラマとして注目されているのがNHKのドラマ10として放送される「ブランケット・キャッツ」です!そのドラマの中でぱるること島崎遥香さんもキャスティングされました!

主演は西島秀俊さん、吉瀬美智子という豪華な俳優女優が人選されており、NHKとしてもがっつり視聴率を狙いに行っていることがわかります。この豪華キャストの中で島崎遥香さんがどのように演技を見せれるのかとても気になりますよね。

そこでこのドラマの中での島崎遥香さんの役柄と実際の評判はどうなのか調べてみました!

1. ブランケットキャッツざっくり紹介

AMAZONから引用

ブランケット・キャッツの原作は重松清さんの同名の小説となっております。重松清さんの小説といえば代表作が「ナイフ」や「エイジ」ですね。これら作品で山本周五郎賞などを受賞されています。最近の受賞作は「ゼツメツ少年」で毎日出版文化賞を受賞されています。実力派の小説家です。その重松清さんが2008年に出版したのが「ブランケット・キャッツ」となります。

新しい飼い主を見つけるため、ブランケットとともに2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長と、幼なじみの獣医師が、猫を通じて人々の人生に小さな光をともします。

とても簡単な紹介文ですが、どのような話かはぐっと伝わってきますね。猫をコミュニケーションのハブとして、様々な人の心に直接触れていくよな物語となっています。猫の純粋無垢な可愛さが、人間関係や嫉妬などで揺れ動かされている人の心にすっと入り込んで、自分を見つめなおしてくれるようなそんな物語です。

ブランケットキャッツ

家具の修理店を営む椎名秀亮(しいな・しゅうすけ/西島秀俊)は、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬美智子)とともに、亡き妻(酒井美紀)が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探していた。そこに、祖母が大好きだった猫の代わりとなる猫を譲ってほしいと、ヒロミ(蓮佛美沙子)が訪ねてくる。秀亮は、ヒロミの家を下見したうえで、毛布と一緒に猫を渡す。猫との再会に喜ぶ祖母に、ほっとするヒロミだったが、今度はヒロミの婚約者に会いたいと言い出して…。

具体的には西島秀俊さん演じる家具修理屋の椎名秀亮と吉瀬美智子さん演じる獣医師藤村美咲を中心に飼い猫と飼い猫の新しい飼い主のドラマを描いていくことになります。なんだか見ていて、誰しもが持っている人の悲しい箇所や辛い箇所を猫がすっと癒してくれて、ホッとするようなドラマみたいですね!

2. 島崎遥香は何の役?

このドラマに出演する島崎遥香さんですが、なんと調べてみたのですが正確な情報が掴めませんでした!もうすぐ公表されると思うので、その時に更新します!

スポンサーリンク



3. 島崎遥香の演技の評判は?

ブランケットキャッツ

島崎遥香さんはこのドラマの出演の前にも何本かドラマ出演されています。その評判を見てみると、とても演技がうまいと高評価を得ているようです!

元AKBというだけで演技はあまり・・・と思ってしまうことありますよね。正直、女優として頑張れているのは大島優子さんくらいなのではと考えてしまいます。しかし、そこに島崎遥香さんもしっかり加わることになりまそうです!

以前出演したドラマ『警視庁ナシゴレン課』でも演技の評価は高く、NHKの連続ドラマ小説「ひよっこ」でもしっかり演技テストを受けて選抜されています!これは今後の女優としての活躍も期待できそうです!

この記事のチャナレはこれだ!

・NHKドラマ「ブランケット・キャッツ」にぱるること島崎遥香も出演

・「ブランケット・キャッツ」は猫を通して描かれる人間の心を癒すドラマ

・島崎遥香はアイドル枠ではなくしっかりとした演技力でキャスティングされた

・AKBは演技下手というレッテルを見事払拭してくれそう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です