バカラの品質が低下!?買収により中国資本の企業へ!買収価格は?

スポンサーリンク

フランスのクリスタルメーカーであるバカラが中国の投資会社、フォーチュン・ファウンテン・キャピタルに買収されました。あまりにも世界的に有名で超高級のイメージのある企業が中国に買収されたのにはとても衝撃が走っています。

そして気になるのがあの繊細なクリスタル技術の質が中国資本の参入で落ちるのではということです。そもそもバカラとはどのようなクリスタルメーカーなのか、そしてその品質は保たれるのかについて調べてみました。

1. バカラざっくり紹介

バカラとは言わずと知れたフランスの高級クリスタルブランドです。30%との酸化鉛を含むクリスタルガラスを製造しているメーカーとして世界的に有名になっています。その品質は折り紙付きで、市場に出回るのは製造された6~7割程度であり、残りは品質基準の高さから破棄されていると言われています。

歴史は古く、1764年のルイ15世の時代にまで遡ります。この年にルイ15世からバカラ村でのガラス製造工場設立が許可されました。そして1816年に初めてバカラの工場でクリスタルガラスが製造されます。そして1841年には現在も続く「アルクール」シリーズが生まれました。この頃から世界的にも品質が認められてきており、1896年にはロシア皇帝ニコライ2世から特別注文を受けてとても豪華なウォッカ用のグラスセットを納入しています。

なのでフランス王室はもちろんのこと、ロシアやイギリスなどのヨーロッパの王室・皇室はもちろん、タイやモロッコの王室や日本の皇室も注文しています。世界のロイヤルファミリー御用達の超ハイレベルなブランドだということですね。

2. バカラを買収した中国資本とは?

そんなブランドであるバカラを中国の投資会社であるフォーチュン・ファウンテン・キャピタルが買収しました。2013年から最高責任者を務めているダニエアラ・リカルディ氏などはそのまま残ると言われているそうです。

またもちろんイメージカラーの赤は継続されるでしょう。もしかしたらあの赤に星のイラストが入ってくるかもしれないですね(笑)。

3. バカラの買収価格は?

バカラの買収価格についてですが、フォーチュン・ファウンテン・キャピタルは205億円を支払ったそうです!205億円と言われえるととんでもない値段ですが、あの世界的に認知されている高級ブランドを205億円で買収できるとなると、あまり高くない感じがしますね。

スポンサーリンク



4. バカラの品質は買収により落ちる?

そして気になるのが中国の買収によりバカラの品質が落ちるのではないかということですよね。恐らくこの中国の投資会社はブランド力を目的に購入しており、このブランド力を保つために現在の最高責任者も留任していると思うので、すぐに品質が落ちるということはないと思います。

しかし、買収するということは更に利益を追求するということなので、少なからずコストカットや生産場所を変えるなどのことはしてくるのではないでしょうか。また現在3~4割廃棄されている今の品質基準に似合わないものも市場流通させるかもしれません。そうなると品質は自然と落ちていくことになりますし、ブランド力もじわじわ落ちてくるのではないでしょうか。ポイントは今の最高責任者が変わる時かもしれません。その次の責任者がどのような人物かが今後のバカラの将来のポイントだと言えそうです。

5. 老舗の生産拠点変更によるブランド力の低下

また中国に生産拠点を移し品質が落ちているブランドも明確にあります。その一つはドクターマーチンでしょう!元々ドクターマーチンはドイツで生まれイギリスのノーサンプトンというエリアで生産されていました。ノーサンプトンでは全て手作りで職人がステッチを縫うなど高品質を維持していましたが、今は中国と東南アジアに移されイギリス生産は撤退しています。見た目はあまり変わりませんが品質は低下したと言われています。

そのイギリスのファクトリーで作られていたドクターマーチンは既にドクターマーチンというブランド名は無くなりましたが、「ソルブエアー」という名前で少しだけ生産が続けられており、昔のドクターマーチンファンは今でもイギリス製のソルブエアーを好んで履いていると言われています。

やはりブランド力はもちろん品質によるところもあると思うのですが、その物の歴史もとても重要となるので生産場所もとても関係しているといえるでしょう。今後のバカラのブランド力や品質は中国資本に委ねられましたが、是非維持していただきたいと思います。

この記事のチャナレはこれだ!

・バカラが中国の投資会社に買収された

・バカラの買収価格は205億円

・バカラはルイ15世の時代から始まる老舗クリスタルメーカー

・バカラの品質はすぐには落ちないと思うが、今後の生産場所の変更などや流通量が増加した場合に、レベルの低い商品が市場に出回っている可能性がある

・バカラの品質のターニングポイントは次期最高責任者が誰になるか

・ドクターマーチンも中国生産に切り替わり、品質低下とともにファンも離れていった

・おそらく一番変わらないのはバカラのイメージカラーである赤

・しかし色の意味はハイブランドから労働者の為のものになる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です