小池百合子のスマートシティ東京から見るESG投資成功の秘訣とは?

スポンサーリンク

2017年4月26日に小池百合子都知事は「サステイナブル投資国際会議」で基調講演をされました。小池百合子都知事は都知事選の時からスマートシティ構想を掲げており、今回の基調講演においてもあるべき東京の姿と、その姿を実現させるうえでのESG投資の重要性を訴えたと思われます。

恐らく今後は「スマートシティ」や「ESG投資」などこのようなキーワードがどんどん出てくると思われるので、簡単に整理してみようと思います。今後の東京を語るには必須なワードとなるので要チェックですよ!

1. スマートシティとは?

スマートシティ

IoTニュースから引用

スマートシティとは簡単に言うと、IoT(Internet of Things)と言われる様々なモノとインターネットを繋ぎネットワークを構築する技術を使って、生活するうえで必要なインフラやサービスを環境に配慮しながら効率的に管理・利用することによって、そこに住む人々の生活の質を高め、経済的発展も促進する都市のことを言います。

なんだかわかるようでわからない感じがしますが(笑)、つまりインターネットやセンサーなどの技術で時間のムダやコストのムダ、食料や消耗品のムダを省きつつ人の労力のムダも省くことで便利にし、楽しむ時間や子育ての時間など生活の時間を豊にすると同時に、我々の生活に必要な環境を大事にしながら新しいモノやサービスを開発して従事することで更に仕事もお金も豊になりましょうといった、なんとも実現出来れば素敵な世界であります。

2. 小池百合子が目指すスマートシティ東京とは?

小池百合子

この一般的なスマートシティの考え方の中で小池百合子都知事は東京を以下のようにしたいと公言しています。

小池百合子都知事のスマートシティ東京のテーマは「世界に開かれた、環境・金融先進都市・東京」です。

(1)エコハウス・スマートハウスへの補助を強化する。

(2)都内のガソリンスタンドをエネルギーステーション化し、

EV・バイオエネルギー・水素ステーションの充電・充填設備を大幅に増設。

(3)街灯や公共施設のLED化。LED導入促進施策の実施。

(4)老朽廃棄物処理場の集約。

(5)ヒートアイランド対策の強化と、都市農業の維持、発展。

(6)東京の森林を守り、若者等の就業の場とする。

(7)東京をアジアナンバー1の国際金融市場として復活。

国際金融特区や税優遇を活用し、世界から企業や 高度人材を呼び込む。英語による諸手続きが可能な環境を整備。

(8)フィンテックの活用を含め、東京版グラミン金融(小口無担保融資)を推進する。

(9)中堅・中小企業の事業承継等を支援し、新規事業者の参入を支えるため、都内の事業再生・ベンチャーファンドの育成。

(10)東京ブランドを確立し、観光・インバウンド客をさらに増大させる。

この内容をざっと見る限り、環境保全と金融都市というのがちょっと距離のある感じがしますが、おそらく新エネルギーなどの環境整備で世界のトップランナーとなりたいと考えているのではないでしょうか。それを実現させるにあたって世界から人材とお金を集める投資の拠点となることが必要で、集まった資本を環境の新分野に投資させる仕組みを作りたいのではと思います。環境の分野といえば大口投資な感じがしますが、環境にまつわるITなどの様々な分野が東京から生まれて欲しいという思いで東京版グラミン金融という名称を使った小口融資を増やしたい思いがあるのだと思います。

最後である10番目の項目だけはちょっと浮いている気がしますね(笑)。この1~9番目の項目を実現出来れば、「環境最先端未来都市東京」みたいなブランドになって外国の方々がみんな行きたい!ってなるってことなのでしょうか。ちなみにインバウンド訪日客の多くは自分の国では体験できないその国独自の文化を求めて来ているので、むしろ昔ながらの東京を残す方が人気になるような気がしますよね(笑)。最先端を追い求めるのはとても良いですが、小池百合子都知事には是非ロンドンのような文化の残し方も考えてみてもらいたいです。

スポンサーリンク



3. ESG投資とは?

ESG投資とは

日本経済新聞から引用

そしてこれらスマートシティ東京の実現に向けて特に重要であると小池百合子都知事が言っているのが「ESG投資」です!

ESG投資というのは環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)という点に配慮し、積極的に改善していることを重視して企業の選別を行う投資のことです。様々な社会問題に対して企業の価値・技術で積極的に解決にはかるような企業は、人々の生活の一部と組み込まれ、持続的な成長と収益が見込めるという観点での投資判断基準となります。

少し前から企業ではCSR活動といって、企業のブランド価値を高めるような社会貢献をしっかりしていくことが主流となっており、企業全体でボランティアに参加したり、環境保全に力を入れたりしています。しかしそれは本業の技術とは全く無縁な、ただ社会に良いっぽいことに少しお金を割いて、大々的に広報している企業もあります。もちろん悪いことではないのですが、結局は社会問題にコミットしているわけではなく、広告宣伝費の一環としているところが多いのが現状です。

そこでESGという観点を持ち込むことで、人の生活が豊かになるためにどのような活動をしているのか多角的な角度から総合評価を行うようになってきています。この評価を行うことによって企業がどれほど問題意識を本気でもって、自社の技術開発をもって解決を図っていこうとしているかがわかるということです。

この社会問題を解決できる新な技術は今後の収益源にもなることから、企業成長が見込めるということになります。そのような企業に投資するというのが今後の主流になるのではということです。

4. ESGスコアが高い日本企業は?

概論ばかり述べてもよくわからないと思うので、そこで日本のESGスコアが高い企業をご紹介します!2016年に東洋経済が公表した日本のESG企業ランキングです。東洋経済は「環境」・「社会」・「企業統治」そして今の日本で大きな問題の一つである「人材活用」の四項目で評価しています。ざっと見て有名企業が多いですが、やはり順位は就職人気企業ランキングとは違いますね!メディアなどはもちろん入ってなく、製造業・化学系が多く思えます。

ESG企業ランキング

東洋経済オンラインから引用

1位は富士フィルムホールディングスとなっています!富士フィルムといえば写真をイメージしてしまいますが、独自の技術で医療分野に多大な貢献をしている企業です。あのエボラ出血熱の治療薬もこちらの系列会社から出されているものであり、日本の問題だけでなく、グローバルイシューに貢献しているところなどは凄いですね!スケールがでかいです!

11位の日産自動車は環境の項目で満点を獲得しています。恐らくエコエネルギーの研究・活用に積極的に投資しているのかもしれないですね。特に自動車の分野は新エネルギーでの走行が将来の要になるはずなので、各社こぞって投資しているはずです。

また注目したいのは7位に入っている保険業の損保ジャパン日本興亜ホールディングや、12位の東京海上ホールディングス。両社ともに人材活用の観点で高得点をとっています。恐らく女性社員の活用や、障がい者の採用、高齢の方の活用などをほかの会社より積極的にやっているのではないでしょうか。保険外交員といえば保険のおばちゃんですもんね。売上が良ければ給与もかなりもらえるそうですから、コミュニケーション能力が尋常じゃないおばちゃん達には最高の活躍の場なのではないでしょうか。

5. ESG投資の成功させる秘訣とは?

このように今後の生きていく社会において、石油でなく地球温暖化を防ぐ新エネルギーの活用は必須ですし、人口が減っていくなかで労働力を担保する人材活用は最重要課題ですし、病気リスクを減らして安心して暮らせる社会を実現することは幸福を得るためには外せない項目だということです。このように素人の私たちでも「こんな社会がいいな」と思えることに積極的に投資している会社をサポートすることが、今後の社会の発展にも不可欠ということだと思います。新しい研究分野には莫大な資金が必要なので、ESG投資を促進させることが重要になってきます。

このことから、小池百合子都知事が考えるスマートシティ東京の実現には研究開発を進める企業とその研究開発を支える金融市場が必要というわけです。魅力的な金融市場があるから企業が積極的に新たな開発を行うのか、積極的に研究開発をしている企業があるからお金が集まり大きな金融市場ができるのか、どちらが先というよりかは、両方平行して進める必要があるのだと思います。それはあくまでも「魅力」で惹きつけるものであって、その「魅力」を作れるかは政治手腕と共感させるビジョンにかかっています。

歯車が回ってしまえば、どんどん加速度的に動きは大きくなっていくはずです。そのことからも何より大切なのは最初の1歩の決断と投資です。この決断と投資を是非、小池百合子都知事には実現させて頂きたいと思います。東京オリンピックや豊洲市場問題も大事ですが、これこそ今後100年の東京の未来が掛かっている話なので全力注いでもらいたいですね。

小池百合子についてももっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・小池百合子はスマートシティ東京を実現させるためにESG投資が重要と考えている

・小池百合子のスマートシティ東京は環境分野と金融分野の2本柱が重要と考えている

・ESG投資とは環境・社会・企業統治の3つの項目で企業を評価し、投資することである

・スマートシティ東京を実現させるためにもESG投資の積極的呼び込みが必要

・スマートシティ東京の実現とESG投資の促進を活発化させるためには「魅力」が必要であり、その「魅力」を作ることこそ小池百合子の政治手腕

・全国のおばちゃんを有効活用できる企業が今後成長すると予想

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です