キャッスルマン病の余命や症状、原因は?完治は可能?難病指定へ!

スポンサーリンク

キャッスルマン病の余命や症状はどのようなのか、完治は可能なのか注目されています。

何故かというと、キャッスルマン病が指定難病として追加されることになることが決定したからです。

多くの方には聞きなれない病名だと思います。そこで、キャッスルマン病とは何なのか、余命や症状はどのようなものなのか、完治可能なのかなど調べてみました。

1. キャッスルマン病とは?症状は?ざっくり紹介!

キャッスルマン病とは?

キャッスルマン病とはリンパ増殖性疾患なのですが、かなり稀なケースのものを指します。1956年にアメリカのキャッスルマン博士が発見したことでこの名前になりました。

キャッスルマン病の症状は?

キャッスルマン病の症状としては慢性的にリンパ節が肥大するのだそうです。

そして貧血や発熱、食欲不振や体重減少などがおこるそうです。しかしこの症状には個人差があるそうです。

また症状に個人差が大きい為、このキャッスルマン病であると診断するまでにかなり時間を有する場合があるようですね。主な具体的な症状は以下のようです。

  • 正常な血球が変化し、充分な栄養を運べなくなる為、体重が減少。栄養失調同様の状態となる。
  • アトピー性皮膚炎と同様の症状の発疹が出る。また、リンパ球浸潤性痒疹も出る。
  • 激しい寝汗で枕等がひどく濡れる症状もあり、血液検査結果やそれらの症状から白血病や骨髄腫などと混同されることも多く、生体病理検査による鑑別が不可避である。

確かに上記の症状だと、キャッスルマン病としてではなく、他の病気として診断されてしまうケースがありそうですね。これがさらに個人差があるとすると適切な診断が難しいというのもわかるような気がします。

2. キャッスルマン病の原因は?

そして気になるのはキャッスルマン病の原因ですが、なんと今でも原因不明となっています!

原因不明ということでどのように治療したらよいのかというのがとても難しい問題となっているようです。

3. キャッスルマン病が指定難病へ!

そんなキャッスルマン病が指定難病に追加されました。よって治療費の助成が受けることができるようになります。

キャッスルマン病は原因が不明で診断が難しい分、治療費も多くかかることが懸念されていましたが、この指定難病への追加によって患者の負担が軽減されます。

ちなみにキャッスルマン病は日本で現在1500人程度いらっしゃるそうです。少しでもその方々の負担軽減や治療による回復に繋がってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

3. キャッスルマン病の余命は?完治は可能?

そして多く検索されているのがキャッスルマン病の余命についてです。

キャッスルマン病の余命は?

余命については発症してから悪性だとっ数ヶ月、また3年や5年などの余命となるような情報も出ていましたが、決して余命が明確に決まっているものではありません

キャッスルマン病が発見されてから、現在は治療が進歩しておりうまく病気とつきあって治療を続けながら生活されている方もおられます。

キャッスルマン病の完治は可能?

原因不明の病気であり、どのように病気が発症するか不明な点が多い中のものなので完治ができるとはまだ言えないと思えますが、早期発見で適切に治療をしたことで不自由なく生活されている方もいらっしゃるそうです。

つまり治療は進歩しており、何よりも早期発見と早期治療によって症状をおさえていくことはできるみたいです。

前述したようにキャッスルマン病は診断することが難しく、医学の進歩もとても重要であると思いました。また発症してからの治療費が高額で治療できなかった方も多いとききます。

今回の指定難病の追加で多くの方が救われて欲しいと思うと同時に、この病気の原因究明に向けて医学の進歩もできるよう政府など必要な機関のサポートがあればと思います。

チャナレの達人

この記事のチャナレはこれだ!

  • キャッスルマン病が指定難病に追加された
  • キャッスルマン病は診断も難しい原因が不明な病気
  • 現在はキャッスルマン病には早期発見と早期治療が必要

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です