アリアナグランデのマンチェスターアリーナライブでテロ!犯人は誰?

スポンサーリンク

現地時間5月22日22時30分頃にイギリスのマンチェスターにあるマンチェスターアリーナで行われていたアリアナグランデのコンサート会場で爆発事件が発生しました。詳細はまだ錯綜していますが、死傷者が出ている状況です。

現在イギリス警察も全力で捜査を行っており、マンチェスターとロンドン間の鉄道を止めるなどして対応を行っています。現在の情報をもとに現場やの状況などを調べてみました。

1. 被害の状況は?

現在において19名の死亡と50名以上の負傷が確認されています。爆発の場所はチケット売り場付近と言われており、自爆テロではないかと現地では報道されています。

爆発の時間は22:30ということからもコンサート終了直後に発生したものだと思われます。またマンチェスターアリーナの公式HPでは爆発は会場の外にあるチケット売り場付近の通路で起こったということで、帰りの集団を狙ったテロ攻撃だといえるでしょう。

つまり、加害者はコンサートの警備の範囲が届かず、かつ大勢の人が流れを作るポイントを狙っていることからも間違いなく計画的です。

爆発直後はかなり混乱しているのがわかります。爆発箇所はこの映像ではない外部なのですが恐怖心から会場内もパニックになっています。

2. マンチェスターアリーナとは?

アリアナグランデテロ

マンチェスターアリーナはイギリスマンチェスターにあるヨーロッパ最大の屋内競技場です。収容人数は21000名です。こちらでは年間155ものイベントが開催されており、2001年から2007年までは世界でもっとも忙しいコンサート会場だったそうです。

基本的に夜のコンサートイベントは18:00~22:30頃までを予定されているものが多いです。セリーヌ・ディオンやレディオヘッド、KISSなどかなりの大物ミュージシャンのコンサートが今後も予定されています。

スポンサーリンク



3. アリアナグランデのコンサートとは?

アリアナグランデテロ

今回のマンチェスターアリーナでは行われたアリアナグランデのコンサートはヨーロッパツアーの一環です。金額はチケットが35ポンドということで5000円くらいだと思われます。

5月4週目はイギリスによるコンサートで週末にはロンドン公演2日間が予定されています。この事件により週末開催するかどうかはわかりませんが、アリアナグランデ自体も相当動揺していると思われ、観客も恐怖心を抱えながらコンサートに行かなければならないので、中止されるのではと予測します。

4. この事件は組織的なテロか単独犯か?

そして気になるのが今回の事件が組織的なテロなのか単独犯による実行なのかということです。

The security minister, Ben Wallace, has called for vigilance. He calls the incident an attack; police have said they are treating it as possible terrorism, but we are waiting for confirmation.

イギリスのニュースサイトであるガーディアンではこのようなメッセージが出されています。つまり恐らくテロであろうということですが確定的な情報がないという状態です。

ISISなどのテロ組織による犯行

アリアナグランデテロ

もしISISなどのテロ組織が犯行を計画している場合は、すぐに犯行声明を出すはずなのですが今回の事件では犯行声明がどこからも出ていません。タイミングとして犯行声明は実行直後に出すものなので、大きなテロ組織による犯行ではない可能性があります。

ISISなどのテロ思想にかられた単独犯による犯行

アリアナグランデテロ

そして考えられるのが、ISISなどのテロ思想に染まった犯人が行った犯行であるということでしょう。ベルギーでテロが相次いだ時のように離散したISメンバーの洗脳によってテロ思想に駆られた人が犯行を実施するというケースが考えられると思います。また爆発物の作成方法などを何かしらの方法で伝授されているはずで、現在もその手ほどきを行った人物が残っているはずです。

現在中東からの移民の流入がヨーロッパ全体にあることからも、イギリスも例外ではありません。そしてその移民の流入に合わせて過激思想も流入されています。もちろんネットによる思想の伝播もありますが、直接その人物に合う方が現代としては監視の輪も潜り抜けやすい可能性もあります。

株価操作などを狙った単独犯による犯行

アリアナグランデテロ

また考えられるケースとしては事件による株価の影響で利益を出そうとした人物の犯行だということです。このケースはドイツのサッカーチームであるドルトムントを狙った犯行が事例として挙げられるでしょう。この際は死者は出ていませんがサッカー選手が一人大けがを負っています。

今回のケースにおいてはこの株価操作などを狙った犯行の筋は薄いと思われます。なぜなら株価操作を狙う場合は自爆テロはしないと予想されるからです。自爆しちゃったらその後の株の利益なんて関係なくなりますもんね。

このことからも、恐らく今回の犯行はテロ思想に洗脳された小さなグループか単独犯による犯行だと思われます。今後の報道で詳細な情報が出てくると思いますので随時アップデートします。

この記事のチャナレはこれだ!

・5月22日22時30分頃にマンチェスターにおいてテロ事件が発生

・アリアナグランデのコンサート会場で爆発があった

・現時点で死者19名、負傷者50名以上

・現地では自爆テロかと報道されている

・発生場所からも警備が手薄になり効果が最大化できる場所を狙っており、計画的な犯行だということがわかる

・犯人はISISなどのテロ思想に染まった単独犯の確率が高いと想定

・とはいえその思想を伝播している人物が潜伏している可能性あり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です