大坂正明容疑者をついに逮捕か!? 中核派や1971年の渋谷暴動事件とは?

スポンサーリンク

5月22日に広島県内で大坂正明容疑者が逮捕されたという報道がありました。大坂正明容疑者は中核派の重要手配容疑者として46年もの間逃走を続けていた人物です。警察としては46年もの間逃走されていたことからも確実な逮捕につなげたいと考えており、かなり慎重にDNA鑑定なども織り込みながら確認を進めているそうです。

そもそも現代の人たちにとって中核派というものが何かということもあまり知られていないと思います。中核派というものはどのような組織なのか、そして渋谷暴動事件とはどのような事件なのか調べてみました。

1. 大坂正明が所属している中核派とは?

大坂正明

まず大坂正明容疑者が所属している中核派について説明します。正式名称は「革命的共産主義者同盟全国委員会」といい、名称の通り左翼系の団体となります。左翼にも色々ありますがこちらの団体は警察からは極左暴力集団とされ、マスコミなどは過激派として報道されています。

1958年に中核派の母体となる革共同が結成され1963年までにグループ内での分離を繰り返し中核派ができたとされています。主な思想は以下になります。

「反帝国主義・反スターリン主義の旗のもと万国の労働者団結せよ!」をメインスローガンに、世界共産主義革命の一環としての日本共産主義革命を掲げ、その革命は暴力革命で、樹立すべき政権はプロレタリア独裁であるとする。この「反帝国主義・反スターリン主義」では、「真の共産主義の実現のため資本主義国家の転覆(反帝国主義)」とともに、ソビエト連邦や中華人民共和国などの既存の社会主義国を、世界革命を放棄し、帝国主義との平和共存政策を基調とするスターリン主義と規定し打倒対象とする。日本共産党もスターリン主義と規定し打倒対象とする。

こちらに出てくる「反帝国主義・反スターリン主義」というのは日本の黒田寛一が提唱した新左翼理論であり、とても複雑な考えではありますが、つまるところ暴力で資本主義と戦い労働者による国家樹立を目指すということでしょう。

そして1960年代に大学闘争で地位を確立していきます。また過激派として多数のテロ事件などを起こしています。その多くは放火や爆発などのテロ事件であり、ゲリラ闘争と言われています。中核派は様々な問題に対して国家権力と戦うというもと活動しており、成田空港建設の際に放火事件を起こしたり、沖縄返還における暴動を起こしたりしています。

かなり公安警察などの監視が強まり組織自体は最盛期に比べ縮小してはいますが、現在でも約4700人が活動していると言われています。また都内の早稲田大学や明治大学、法政大学などの一部の有名大学にも未だにそのような思想を受け継いだサークルなども存在します。

2. 大坂正明が関与した渋谷暴動事件とは?

大坂正明

そして大阪正明容疑者が関与した事件が渋谷暴動事件です。1971年に沖縄県で実施された沖縄返還協定批准阻止のゼネラル・ストライキに反応して、中核派を中心とする約400人の学生が1971年11月14日に渋谷で暴動を起こしました。

その際に警戒中の機動隊や渋谷駅前派出所を火炎瓶等で襲撃し、かつその暴動を抑制しようとした当時21歳の中村恒雄巡査を鉄パイプで殴り、火炎瓶を投げつけて死亡させたという事件が起こりました。この火炎瓶を投げて警察官を殺したのが大坂正明容疑者です。

1975年までにこの暴動の中心人物である7人が起訴され、大坂正明容疑者以外は逮捕されています。

スポンサーリンク



3. 大坂正明はどのように逃亡していた?

大坂正明

そして気になるのが大坂正明容疑者が46年もの間どのように逃走していたかということです。これはやはり全国に散らばっている中核派の人たちがかくまっていたことがわかっており、東京都立川にある中核派の秘密のアジトに潜伏していたり、東京都北区の非公開アジトに潜伏していたとの証拠をつかんでいます。

中核派は殺人を犯した大坂正明容疑者を「不屈に戦う大坂同志を守ろう」などと言って逃走幇助をしていたと思われます。その多くは暗号でやり取りされているそうです。

今回の広島での逮捕については公務執行妨害を起こした人物が大坂正明容疑者であったという報道になっていますが、公安警察が広島のアジトを突き止めて合法的に逮捕し本人か人物確認を行うためにいろいろ仕掛けをしたのではないかと思われます。とにかく殺人犯が逮捕されてよかったと思います。

また気になるのは既に時代遅れであり思想的にも廃れてしまった「反帝国主義・反スターリン主義」をまだ信じて活動している人が4700人もいることが気になります。この集団の思想は暴力革命であるので、どのタイミングでテロなどを犯すかと心配になります。

もちろん現代のこの国家権力システムが正しいとは全く思わないのですが、この状況に変化を生むための手段としては中核派の思想は古すぎるような気がします。革命は成功すれば英雄ですが失敗すれば犯罪者です。また成功の裏にも多くの犠牲者が伴います。現状に腹立たしいのは理解できますが、手段や方法をもう一度考えて欲しいと思います。

この記事のチャナレはこれだ!

・中核派の大坂正明容疑者が広島で逮捕された

・大坂正明容疑者は46年間逃走していた

・中核派の根本思想は反帝国主義・反スターリン主義

・渋谷暴動事件では21歳の警察官が大坂正明容疑者によって殺害された

・大坂正明容疑者は各地にある中核派のアジトにかくまってもらっていた

・現在でも4300人が中核派として活動している

・現代の国家権力システムの危うさは理解できるが、中核派は思想的に相当古く現状を変えることはそれでは出来ないということを理解すべき

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です