本田がラス・パルマスに移籍で2017年ついにスペイン上陸か!?

スポンサーリンク

ACミランを退団し、来シーズンの去就が注目されている日本代表の本田圭佑選手ですが、ついにスペイン1部のラス・パルマスから接触があったと報道されました。また他の報道ではアメリカ行きやイングランドプレミアリーグの強豪アーセナルからも接触があったと言われていますが、まだ移籍先は明確ではありません。

今回報道されたラス・パルマスとはどのようなチームなのでしょうか?そして本田圭佑選手が移籍した場合、そのチームにフィットするのでしょうか。移籍の可能性も含め調べてみました。

1. 本田が移籍するラス・パルマスとは?

本田ラス・パルマス移籍

ラス・パルマスはスペインカナリア諸島に本拠地を置くサッカークラブです。同じカナリア諸島に本拠地を置き柴崎岳選手が所属しているテネリフェとの対戦はカナリアダービーとして盛り上がるそうです。

1949年にスペインサッカー連盟に登録されたラス・パルマスは1967-68年シーズンにはレアルマドリードとバルセロナに次ぐスペインリーグ3位となり、同時期に行われたUEFA欧州選手権には4名の代表選手を送り込んでいます。また翌シーズンの1968-69シーズンにはレアルマドリードに次ぐ2位となっており、このシーズンではレアルマドリード以外には負けなかったということです。このことからも当時は相当強かったことが伺えます。

現在のラス・パルマスは直近の成績でいうと2016-17シーズンは14位となっています。一部リーグには残留出来ましたが、あまり強くないといった状況です。

2. 本田のラス・パルマスでの役割は何か?

本田ラス・パルマス移籍

このような状況の中でラス・パルマスは本田圭佑選手の移籍を望んでいます。その理由はもちろん前線のアタッカーを補強したいということもありますが、ビッククラブにも所属したその経験豊かさと、なんといってもどんな状況でも折れない精神力にあると思います。個人の力が秀でているよりも、リーダーとしてチームを引っ張り、チーム全体の能力を底上げするのを期待しているのではないでしょうか。

そしてもう1点はやはりアジアマーケットへの進出でしょう。アジアで抜群の知名度のある本田圭佑選手はミラン時代のずっとベンチが続いていた時であってもゲームシャツの売り上げはかなり多く、マーケティングとして申し分ないブランドだということです。本田圭佑選手の年俸などを考えるとラス・パルマスにとってはかなり高い金額を払うことになりますが、それ以上に収入が増えると予想も出来、投資対効果は十分に見込めると判断していると思います。

スポンサーリンク



3. 本田はラス・パルマスでのポジション争いに勝てるか?

本田ラス・パルマス移籍本田ラス・パルマス移籍

そして気になるのが本田圭佑選手がラス・パルマスでレギュラーになれるのかということです。恐らくラス・パルマスでも本田圭佑選手は右サイドのアタッカーか右インサイドハーフで使用されると思います。現在ラス・パルマスの右サイドアタッカーはヘロニモ・フェゲロアというスペインの選手で年齢も34歳となり、確かに補強ポイントとなっています。このことからも、まず本田圭佑選手がレギュラーとして考えられるのは右サイドアタッカーのポジションでしょう。

右のインサイドハーフにはロケ・メサ選手というセビージャのような強豪クラブも獲得を熱望する選手がいるので、このポジションを本田圭佑選手に与えるということはないと思います。

このことから多くのオプションはあると思いますが、本田圭佑選手がレギュラーで定着するなら右サイドアタッカーだと思われます。

4. 本田の移籍先がアーセナルよりもラス・パルマスが良い理由

本田ラス・パルマス移籍

そして本田圭佑選手がラス・パルマスに移籍するのは良いことかどうかという点ですが、アーセナルのようなビッククラブに行くよりは絶対にラス・パルマスに移籍した方がいいと思います。

まず本田圭佑選手はロシアワールドカップに向けて一番重要視しているのは、所属するリーグと出場機会の2点だと思われます。まず所属リーグに関してはプレミアリーグもリーガエスパニョーラも世界最大といってもいいリーグであり、申し分ないと思います。

次に出場機会ですが、間違いなくアーセナルに移籍した場合は殆どレギュラーで出ることはないと思います。特にアーセナルの右サイドはバルセロナも欲しがっているベジュリンやレジェンドのラムジーがおり、控えにはウォルコットまでいます。99%って言ってもいいくらいベンゲル監督のファーストチョイスには入らないと思います。アーセナル自体が言っているように本田圭佑選手はアジアでのマーケティング要員として欲しいのでしょう。

他方ラス・パルマスでは移籍すれば最初はスタメンで出場すると思い、また結果を残せば継続的にポジションを確保できると思います。ちょうどラス・パルマスの補強ポイントと本田圭佑選手がマッチしていることからも確立は高いのではないでしょうか。

このことからも本田圭佑選手には是非ラス・パルマスに移籍してリーガで大活躍してもらいたいです。とはいえ、本当にアーセナルからオファーが来たら本田圭佑選手ならそっちにチャレンジするかもしれないですね。下馬評を覆すことが彼のメンタルの拠り所になるかもしれないので、そのチャレンジも見てみたいです。今後の本田圭佑選手の去就は本当に注目ですね!

本田の10番を受け継ぐアンドレ・シウバについてはこちら!

この記事のチャナレはこれだ!

・ラス・パルマスはスペインカナリア諸島に本拠地を置くサッカークラブ

・ラス・パルマスは経験豊富な本田にリーダーシップとマーケティングの両方を望んでいる

・ラス・パルマスの補強ポイントである右サイドに本田がマッチしている

・アーセナルに移籍した場合、ライバルが強すぎて本田は殆ど出場できない

・ラス・パルマスならしっかり結果を残せばレギュラーに定着できる可能性がある

・本田が今一番必要なのは主要リーグでの出場機会なのでラス・パルマスは最適

・とはいえ本田は逆境フェチなのでアーセナルを選択するかもしれない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です