小泉進次郎が入閣し大臣へ!?自民党支持率低下で内閣改造は決定的!

スポンサーリンク

自民党の政権支持率が急落していることを受けて、小泉進次郎議員が次の内閣改造の際に入閣する可能性が出てきました。早ければ8月にも内閣改造が行われると言われています。

1. 自民党支持率急落の理由は?

小泉進次郎入閣内閣改造

現在各マスコミによる世論調査では自民党の支持率が1年8か月ぶりに不支持を下回り、現在の支持率は30%台で推移していると言われています。今回の支持率が急落した理由は3つの問題が複合的に絡み合っています。

自民党支持率急落の理由①:森友学園問題

小泉進次郎入閣内閣改造

まず記憶に新しいのは森友学園問題でしょう。森友学園の土地取得が8億円も値引きされて取引されたこの出来事は、森友学園側の不正な給付金申請などにフォーカスが当てられがちですが、事の発端は安倍総理がこの土地取得に対して口利きをしたのではということでした。ここで有名になったワードが「忖度」であり、安倍総理が直接的に口利きしないまでも、安倍昭恵夫人が名誉校長などになっていたこともあり、役所側が「忖度」をした形で取引されたのではと言われています。真相はまだ明確にはなっていませんが、この一件で国民から高い支持を得ていた安倍総理の信頼が疑われるようになったと言って問題ないでしょう。

自民党支持率急落の理由②:加計学園問題

小泉進次郎入閣内閣改造

そして次に加計学園問題が挙げられます。森友学園の時と同じように安倍総理の意向が強く働いているのではと疑われているこの問題は、文科省から「総理のご意向」と明確に記載された文書が流出したことで何かしらの関与があったのではと考えずにはいられない状態になっています。文科省と内閣府の意見が食い違っている状態となっており、これからまだ真相は深堀されていくことになると思いますが、文章等が出てきてしまった以上は安倍総理への追及は避けられない状態となっています。

加計学園問題の発端はまさかの鳩山内閣による政治判断があった!?

自民党支持率急落の理由③:共謀罪の強行採決

小泉進次郎入閣内閣改造

そして今回の支持率低下の決定打になったのが共謀罪の強行採決でしょう。この法案を担当している法務大臣が全く説明できない状態で法案を通すというこのやり方には自民党内からも反発が出るような状態になっています。また強行可決を行った背景には国会を延長させたくないという意図があると言われています。もし国会延長になった場合には森友学園や加計学園問題を追及されることからどうしても避けたかったということでしょう。この横暴な振る舞いに強く自民党支持に回っていた国民が大きな不信感を抱きました。

共謀罪の投票が無効となった国会ので牛歩戦術は意味があるのか?

2. 8月に内閣改造を行う理由は?

小泉進次郎入閣内閣改造

この支持率低下には自民党もかなり危機感を感じているようで、8月には内閣改造を行う可能性があるのではと言われています。内閣改造を行う理由はまさに支持率回復の為なのですが、現在の自民党支持から不支持へ意見が変わった人たちは特に野党に期待している訳ではないので、恐らく内閣の顔ぶれを一新し、フレッシュ感を出すことによってその不支持層を取り戻そうとすると思います。

そう考えるとバッシングの標的にされやすい現在の法務大臣である金田勝年議員や防衛大臣の稲田朋美議員は次回の入閣は見送られることになるのではないでしょうか。大臣になれるとはいえ現政権のこの2つの椅子は本当に人気が無さそうです(笑)。完全に外れクジなような気がしますよね。

スポンサーリンク



3. 小泉進次郎が次期内閣改造で入閣する可能性はある?

小泉進次郎入閣内閣改造

そして期待されるのが小泉進次郎議員が入閣するのではということです。正直、現在の状況だとあり得る話だと思います。理由はまさに現政権のイメージを一新する必要があり、幅広く支持層がいてかつクリーンなイメージである若い小泉進次郎議員を入れることは支持率改善の特効薬になりえるのではないでしょうか。

小泉進次郎の演説テクニックが凄い!聴衆を引き付ける秘儀とは?

4. 小泉進次郎が入閣した場合は農水省か厚労省の大臣か?

もし入閣した場合に注目したいのは小泉進次郎議員がどこの大臣になるかということです。法務大臣や防衛大臣はかなり専門性を問われる大臣であり、現に専門性が無いばかりに野党からの攻撃対象になっているポジションでもあるので、この2つには経験者が知見を持つ人物が配置されるのではと思います。

小泉進次郎が入閣した場合の大臣:農林水産省

小泉進次郎入閣内閣改造

そのことを考えると現在の小泉進次郎議員がありえるのは農林水産大臣でしょう!そもそも自民党の農林水産部会をまとめ上げており、かつ農協改革アグリテックの導入を積極的に行おうとしているので、ここに小泉進次郎議員を配置して自民党の改革イメージをアピールできれば政権の評価にうまく繋がるのではと思います。

小泉進次郎の農協改革とアグリテック推進について詳しくはこちら!

小泉進次郎が入閣した場合の大臣:厚生労働省

小泉進次郎入閣内閣改造

そしてもう一つ小泉進次郎議員の就任があり得るのは厚生労働大臣でしょう!小泉進次郎議員はこども保険創設について自らの発信で提言をしていたり、プレミアムフライデーなどの働き方改革について多くのコメントを述べています。この流れから小泉進次郎議員が厚生労働省の大臣になるのではとの予想もできます。

小泉進次郎もがっかりしたプレミアムフライデーを有効にするには?

もちろん小泉進次郎議員が入閣するという話は推測ですが、現在の自民党が内閣改造を行う理由を考えると、この話を政権内で真剣に考えるのではないかと思います。この支持率低下がほころびとなり、5年前の悪夢のように旧民主党のような政党が政権をとるということになれば、これは自民党どころか多くの国民に損害を与えることになるでしょう。ともあれ、まず自民党は現在の様々な問題を真摯に受け止め、ごまかさずに解決する必要があると思います。本当にこれを怠ったら、また政権を取られることになると思います。

この記事のチャナレはこれだ!

・自民党の支持率が1年8か月ぶりに不支持を下回り現在支持率30%代を推移している

・自民党の支持率が急落した理由は森友問題・加計問題・共謀罪の強行採決の3つ

・自民党は8月にも内閣改造を行い、不支持に回った層を取り戻そうとするはずである

・内閣改造ではクリーンなイメージを強く出さなければならず、小泉進次郎を入閣させる確率は高い

・もし小泉進次郎が入閣する場合、農林水産大臣か厚生労働大臣と推測

・小泉進次郎が農協改革やアグリテック導入を進めることで、自民党の改革イメージを強くする狙いもある

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です