豊田真由子が恫喝暴行録音で議員辞職か!?性格や夫・子供も最凶?

スポンサーリンク

自民党の豊田真由子議員が先日自民党を離党しました。理由は元秘書から恫喝暴行されたということを週刊新潮に暴露したからです。そしてこの問題は世間の注目を集め、豊田真由子議員が議員辞職までに追い詰められようとしています。

1. 豊田真由子ざっくり紹介

豊田真由子暴行恫喝秘書家族性格

豊田真由子議員は1974年10月10日生まれ千葉県出身です。3人姉妹の次女で、名門である桜蔭中学校・桜蔭高校を卒業し、東京大学文化一類にストレート合格。そして東京大学では官僚養成機関ともいえる法学部に所属し、卒業後はキャリア官僚として厚生省(現在の厚生労働省)に入省しました。

入省後にハーバード大学大学院へ国費留学。パブリックヘルスの修士号を取得しました。そして帰省後には社会・援護局や健康局で勤務し、2003年からは金融庁総務企画局で課長補佐として勤務されています。2007年には、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に転勤し、一等書記官のポストについています。

2011年に帰国後は厚生労働省老健局課長補佐として勤務。その後東日本大震災での復興対応が全く進んでいないと感じた豊田真由子議員は、政治の世界で活躍できないか考え官僚を辞職しました。

そして2012年に自民党から出馬し見事に当選。厚生労働関連の即戦力として活躍されていました。2014年の選挙ではかなりの得票数で当選し、第3次安倍第1次改造内閣の内閣府大臣政務官・文部科学大臣政務官・復興大臣政務官に就任されています。

このキャリアは本当に1つのつまずき所のない、美しすぎると言っていいほどの超エリートキャリアですね!ここまでの人が本当に驚くべき事件を起こしてしまいました。

2. 豊田真由子の秘書に対する恫喝暴行音声データ

豊田真由子議員が秘書に対して恫喝暴行をしている音声データを暴露され、週刊新潮が報道しました!あまりの迫力です!音量に注意して聴いてみてください!

このハゲーーーーーー!」から入るこの恫喝具合が酷く、音声ですが秘書を殴っているのがわかります。怒るというよりか発狂している感じがして怖いですね。それにしてもこの秘書はいったいどんな失敗をしたのでしょうか(笑)。調べてみると支援者へ送るバースデーカードの作成や送付で何やら失敗したそうです。支援者を怒らすなと言っているので、名前間違えて書いたとかではないでしょうか。

ちなみに豊田真由子議員は1年半で秘書を20人以上、下手したら合計で100人以上変更していると言われており、日常的にこの恫喝や暴行が行われていたと言われています。パワハラ上司の域を超えていてやばいです。

スポンサーリンク



3. 豊田真由子の性格とは?

豊田真由子暴行恫喝秘書家族性格

そんなパワハラの域を超えている豊田真由子議員ですが、どのような性格なのでしょうか。

豊田真由子の性格①:エリート意識が強い

まず豊田真由子議員の性格の一部となっているのがエリート意識でしょう!先ほど紹介した経歴を見てわかる通り、文字に起こすと中学入学から超エリートで、全く汚れのないキャリアだと言っていいでしょう!恐らく本人にもその自負があるので、自分は誰よりも優れていると考えていると思います。

豊田真由子の性格②:強い女性でありたい

また豊田真由子議員は常に強い女性でありたく、男性に対して横暴な振る舞いをすることで、ある種の優越感を得ていると思われます。もちろん議員という誰よりも強いポジションにいることが更に彼女の態度を横柄にさせているに違いありません。

豊田真由子の性格③:権力欲が強い

そして豊田真由子議員の中心にあるのは権力欲なのではと思います。その権力を面白いように手中に収めてきていることから、権力のない人間に対しては特に強く出ていたのではないでしょうか。ちなみに厚生労働省を課長補佐で辞職していますが、恐らく省内での権力争いには省内評価から勝てないと思い辞職して、その評価を下した奴らの上にいる議員になろうと思ったのかもしれないですね。こういう人ならやりかねないです。

3. 豊田真由子に夫や子供はいる?

こんな豊田真由子議員には夫や子供はいるのでしょうか。調べてみると旦那さんと2人の子供がいるそうです。

なんと旦那さんは国交省のキャリア官僚だそうで、キャリア官僚同士で結婚されていたそうです!また子供は7歳の息子さんと5歳の娘さんがおり、息子さんはジュネーブの日本代表部にいた時に、娘さんはパリで出産という、2人とも海外で生まれています。

この家族に対しても恫喝しているのでしょうかね。。。たぶん家族には優しいのかもしれないですが、旦那さんは絶対に浮気などは出来ないですね(笑)。何かやましいことがバレた時には必ずきますよ。「このハゲーーーーーーーー!」

4. 豊田真由子の最凶伝説とは?

豊田真由子暴行恫喝秘書家族性格

また豊田真由子議員には他にも最凶伝説と言われることがありました。

2014年春の園遊会には、衆議院議員である豊田と、その夫が招待されていた。ところが園遊会当日、豊田は母親を伴って、赤坂御苑の国会議員用の受付場所に出向いた。その際に、豊田は同伴者について「事前に夫から母親に変更する旨を連絡した」と説明したが、困惑した受付の担当者が「いつ、どこの誰に連絡したのか」と尋ねると、言葉を濁し具体的な説明はしなかった。宮内庁の職員が招待者以外は入場できないと説明したところ、豊田は「なぜ入れない!」「入れなさい」などと大声で恫喝した。さらに、宮内庁職員が手に持っていた配偶者用のネームプレートを奪い取ると、それを自ら母親の胸に付け、勝手に会場に侵入してしまった。宮内庁の職員はなおも食い下がり、母親は入場できないと再三にわたり説明し理解を求めたところ、今度は母親のことを「私の配偶者だ」などと主張し始め、無理やり突破してしまった。

この対応には宮内庁内で問題になったらしく、事実確認をしたところ豊田真由子議員が同伴者の変更などを申し出た形跡はなかったとのこと。つまり豊田真由子議員は嘘をついていたということになります。ちなみに宮内庁は陛下の前でこのように嘘をつくなどの行為をする来賓者を想定していなかったとのことです。

とにかく豊田真由子議員は今回の恫喝暴行が明るみに出たことで自民党をすぐに離党しました。恐らく今後は議員辞職するか、又はこのまま議員を続けたとしても次の選挙で負けることになりそうです。今までの人生で一度も失敗をしていなかった人が、このようなキャリアの頂点で再起不能ともいえる失敗を犯すものなんですね。人生で失敗しないとこんなに横柄になってしまうというのも考えものです。失敗って大事なのかもしれないですね。

豊田真由子が恫喝暴行した理由が判明!?秘書が高速道路を逆走しようとしたのが原因か!?

豊田真由子の最強フレーズが流行語大賞ノミネート!?絶叫されるべき人物5選!

この記事のチャナレはこれだ!

・豊田真由子は1974年10月10日生まれの千葉県出身

・豊田真由子は中学・高校・大学・就職とすべてにおいて超エリートで失敗のない人生

・豊田真由子は秘書に対して「このハゲーーーーー!」と恫喝し暴行もした

・豊田真由子は1年半に20人以上秘書が変わっている

・豊田真由子はどの秘書に対しても恫喝暴行をしていた恐れがある

・豊田真由子はエリート意識と権力欲がとても強い性格

・豊田真由子には夫と2人の子供がいる

・豊田真由子は宮内庁も想定していなかった横暴な振る舞いをして問題となっている

・豊田真由子の旦那があのように怒られてないか心配

「このハゲーーーーー!」が流行語大賞になりそう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です