安倍総理の辞めろコールに「こんな人たち」発言動画!東国原も噛みつく!

スポンサーリンク

現在、安倍総理の街頭演説での「こんな人たちに負けない!」という発言が問題となっています。これは先日の都議選を控えた最終日における応援演説の発言ですが、安倍総理が演説をしようとした際に、安倍政権に反対している有権者が辞めろコールをした際に起こったものです。

安倍総理の発言の動画とこの発言がなぜ駄目なのかご紹介します!

1. 安倍総理に向けた秋葉原でのデモ隊による辞めろコールとは?

安倍辞めろコールこんな人たち発言

7月1日の都議選前日に安倍総理は自民党候補者の応援街頭演説を秋葉原で行いました。その際に多くの安倍政権に反対する人たちが集まり「安倍辞めろ!」とコールを演説中に行いました。

その中にはあの森友問題で渦中の人となった籠池理事長もいました!籠池理事長は安倍政権への批判と同時に、安倍昭恵さんからもらったとされる寄付金100万円を返還する為に持ってきていました。その100万円は全て本物だったみたいです。

それにしても安倍政権に反対する人たちは籠池理事長と一緒に盛り上がっていましたね。籠池理事長は自治体から寄付金を騙し取った張本人でもあります。その人と一緒にむしろ協力して安倍政権を批判するデモ隊の人たちはなんか相変わらずだなと思ってしまいますね。

籠池理事長の白い紙で作成された100万円のニセ札束画像!その理由は?

2017.06.23

2. 安倍総理の「こんな人たち」発言をした際の動画紹介!

そしてこのデモ隊の辞めろコールに対して安倍総理は「こんな人たちには負けない!」とおもいっきり発言してしましました。こちらが動画です!

確かに言ってますね!ただ前後の文脈を考えるとさほどここだけクローズアップされるものなのかなと思ってもしまいますが、やはり首相が国民にいう言葉ではないですね。そこは安倍政権に反対する人たちですからおもっきり反発します!

スポンサーリンク



3. 安倍総理の「こんな人たち」発言に東国原も噛みつく!

安倍辞めろコールこんな人たち発言

そしてこの安倍総理の「こんな人たち」発言にあのそのまんま東こと東国原さんがかみつきました!

「あの言葉っていうのは、今までの不祥事の全部を合わせたぐらい、本当は言ってはいけない言葉」「国民に一国の総理が、反対と批判しているからって、こんな人達に負けるわけにはいかないと。この言葉が大問題にならないのがおかしい」

確かに東国原さんの発言の通りのような気はします。やはり総理が自分たちに反対しているからと言って「こんな人たち」というような自分とは相容れない人間という感じで接するのは間違っていると思います。総理はこういう反対する人たちの意見をしっかり聞いて、どのような政治がこの国にとって全体最適か考えるのが仕事でしょう。

とは思うものの、やはり安倍総理の「こんな人たち」発言の前後の文脈を聞くと、「この人たち」というのは「しっかり政策で論争しようとせず、ただたなヘイトだけで主張してくる人たち」というふうにとらえられますので、批判するのも当然な気がします。ヘイトばかりやる人間の言うことを聞いていたところで全くこの国の政治は前進しません。

でも逆にこのヘイトする人たちは政策論争をしたいわけではなく、森友問題や加計学園問題、そして共謀罪の強行採決に対して怒っているとも考えられるので、もしそうならば当然なデモでしょう!何しろ説明責任を果たしていないのは他でもない安倍総理です。

もししっかり政策論争を行うことによって政治を良くしていきたいと安倍総理自身が思うなら、政策論争ができるような土台をまず自分で作るべきです。都合の悪いことは隠し、伝えず、力づくで押し通す今のやり方に政策論争で切磋琢磨するなどふざけた話だと思います。

安倍昭恵は大麻解禁支持でバカすぎるので離婚?学歴や家系図は森永?

2017.07.01

安倍総理の重病肺がん説は本当!?祖父や父の死因から9月に政権交代も?

2017.06.21

この記事のチャナレはこれだ!

・安倍総理は秋葉原での街頭演説でデモ隊に対して「こんな人たちには負けない!」という発言をした

・デモ隊は安倍総理に対して辞めろコールを繰り返していた

・籠池理事長もデモ隊に加わっていた

・デモ隊であっても国民に対して総理が「こんな人たち」というふうに言うのはおかしい

・安倍総理がいうように政策論争で競争していくべきである

・しかし、安倍総理自身が隠蔽し強硬に推し進めていることからもこの発言自体が言語道断

・単純にヘイトするだけない状況を作るには安倍総理自身が変わることが重要

・とはいえ東国原の便乗感は否めない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です