マレーへの質問内容は本当に女性差別か?理由は?ウィンブルドン速報!

スポンサーリンク

現在ウィンブルドンでアンディ・マレー選手が質問した記者に対して女性差別的な発言を戒めるような返答をしたことが話題となっています。もちろんニュースの論調はマレー選手はなんて偉大なんだという流れですが、その質問内容を聞く限り、本当に記者は女性差別をしているのか疑問に思います。

このアンディ・マレー選手に対しての質問とは何だったのか、その記者の質問は本当に女性差別なのか調べてみました。

1. アンディ・マレーざっくり紹介(ウィンブルドン出場!)

アンディ・マレー質問女性差別理由

まずアンディ・マレー選手のプロフィールについてざっくりご紹介します!

名前:アンディ・マレー

生年月日:1987年5月15日

出身地:スコットランド・ダンブレーン

身長・体重:190cm・84㎏

3歳からテニスを始めたマレー選手はなんと過去にはサッカーもしていたそうで、スコットランドの名門である「グラスゴーレンジャーズ」からスカウトも受けたことがあるそうです。持前の運動神経の良さはテニスでめきめき結果を残していき、現在は世界ランキング1位という成績を残しています。まさに世界のトップテニスプレイヤーです。

2. アンディ・マレーが記者から受けた質問内容は?(ウィンブルドン出場!)

そして気になるのはアンディ・マレー選手が記者から受けた質問内容です。

アンディ・マレーの準々決勝の敗退

アンディ・マレー質問女性差別理由

アンディ・マレー選手はウィンブルドンの準々決勝でアメリカのサム・クエリー選手と対戦し負けてしまいました。かなり腰の調子が良くない状態での参戦であり、本調子に戻らぬまま敗退してしまいました。ケガとはいえ世界ランキング1位の選手なので、とてもプライドは傷ついていると思います。

アンディ・マレーが記者から受けた質問内容は?

アンディ・マレー質問女性差別理由width=

そしてアンディ・マレー選手が敗退後の記者会見で記者から受けた質問内容と、マレー選手との遣り取りがこちらです。

「今回の勝利でクエリー選手は2009年以来初めて四大大会の準々決勝に駒を進めたアメリカ人選手となりましたが…」と質問を始めた記者に対して、マレー選手は「男性選手。それは男性選手の話だけでのだろう」とさえぎり、女性選手の活躍を忘れていると指摘した。

この記者が質問した内容に対して、マレー選手がすかさず訂正を行いました。この質問が女性差別であると報道されています。

スポンサーリンク



3. アンディ・マレーへの質問内容は本当に女性差別か?理由は?

そして検証しなければならないのがこのアンディ・マレー選手への質問内容が本当に女性差別であるかということです。

質問内容が女性差別だとされる理由は?

アンディ・マレー質問女性差別理由

まずこの質問内容が女性差別だとされる理由ですが、アメリカの女子テニスプレイヤーのセリーナ・ウィリアムズが2009年以降に四大大会で12回も優勝していることがあげられます。また彼女の妹であるヴィーナス・ウィリアムズも今大会で準決勝に勝ち進んでいます。

この上記の内容をアンディ・マレー選手は指摘し、世間では女性差別を指摘した偉大な選手と褒めちぎられています。

Twitterでは「日々の生活に潜んでる性差別を指摘してくれてありがとう」「本当に素晴らしいロールモデル。今回あなたがしてくれたことは、ウィンブルドンで優勝するくらい偉大なこと」と賞賛を集め、マレー選手の母ジュディ・マレーさんも「これぞ私の子」とTwitterに投稿した。

すごい反響ですね!多くの方がマレー選手のこの指摘を称賛しています。

この記者の質問は本当に女性差別なのか?

アンディ・マレー質問女性差別理由

ただ気になるのはこの記者の質問が本当に女性差別なのかということです。彼は間違いなくこの記者会見では男子テニスについての話をしていると思われます。何故なら、男子テニスで敗退したマレー選手への質問だからです。この状況で女子テニスもひっくるめての会話をするとは思えません。文脈や状況的に明らかに男子テニスの話ですし、もしそうでなかったとしても単純に“男子テニスでは”という言葉が欠けているだけではないのでしょうか。正直まったく差別の意図を感じられません。

考え方を変えれば、マレー選手は相当プライドを傷つけられており初めてアメリカ人選手が準決勝に進出したきっかけを作ったといレッテルを貼られたくなかったという思いから反射的に女子テニスについての話をしたのではないでしょうか。

もちろん質問内容の詳細やその記者の背景や思想などを知らないので100%差別ではないとは言えませんが、状況だけの判断をするとこの女性差別の質問とマレー選手への称賛には少し違和感を覚えます。もちろん記者もプロなのだから言葉のミスがないように質問するべきとの考えもあるかと思いますが、この質問内容で女性差別と言われたら何が差別で何が差別ではないのかよくわからないという感じです。

もちろん差別は絶対にダメですが、コンピュータではないのですから文脈や状況を考えて判断されるべきと思います。

くたばれレッズ!と上西小百合のツイッター炎上!理由と浦和の対応は?

2017.07.22

社交界のプリンス熊谷裕樹の画像!元ジャニーズでさんま御殿に出演!?

2017.07.21

ウィンブルドンで羽アリ虫が大量発生の原因は?錦織や杉田への影響は?

2017.07.06

杉田祐一のテニス世界ランキング推移!高校や大学、彼女はいる?

2017.07.05

この記事のチャナレはこれだ!

・アンディ・マレーはウィンブルドン準々決勝でアメリカ人選手に敗退した

・アンディ・マレーは敗退後の記者会見で記者の質問に対して指摘を入れた

・その記者の質問は女性差別とされ指摘を入れたマレーは称賛されている

・実際に状況的に女性差別をしているとは思えない質問内容である

・アンディ・マレーがプライドを傷つけられない為に指摘した可能性もある

・前後の文脈や環境・状況を鑑みた判断で差別化どうか判断すべき

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です