小池百合子の手腕によるオリンピック予算はいくら?経済効果も拡大か!?

スポンサーリンク

東京オリンピックが2020年に開催されることが決定後東京都では色々な問題が起こりました。メインスタジアムの高額なコスト増と計画変更実施による損失、エンブレムと盗作問題による混乱などがとても目立ちましたが、他にも各競技施設の新設問題、競技場所の問題など色々問題が起こっています。

そのような中で小池百合子都知事は東京都の責任者として孤軍奮闘しており、オリンピック大会委員会会長である森喜朗元内閣総理大臣とのバトルは記憶に新しいと思います。このような中、昨年末に国際オリンピック委員会(IOC)の会長などを踏まえた会合を実施し、オリンピック予算を再度算出しました。

現在のオリンピックの予算はいくらになっているのでしょうか?また、オリンピックの経済効果はどれくらいあるのでしょうか?

小池百合子と森喜朗の因縁の対決はこちら!

1. 小池百合子就任前のオリンピックの予算はいくらか?

当初、オリンピック開催場所選定の際に提示していた開催予算は約7000億円と見積もられていた開催費用ですが、なぜか時間が経過するにつれどんどん増加していき、IOCとの緊急会議の前には3兆円という試算がされました!

いくら机上の空論とはいえ、原因がよくわからないまま見積もりが4倍以上に膨れ上がるという大惨事に多くの都民が驚いたと思われます!もちろん建設資材や原材料の値段が上がったなどの要因はるとは思われますが、決して4倍もなっているはずがありません!

最初の計画が相当甘い試算により作られたものだったのか、五輪が決まって建設が確約され始めた後に、ゼネコンが急に値段を釣り上げてきたのか、はたまた両方あるかもしれませんがとてもずさんだったことがわかります!

2. 小池百合子就任後、IOCとの緊急会合での予算はいくらか?

このような状況の中で小池百合子都知事が誕生し、選挙中の演説でも発信していたようにオリンピック予算を削減していきました。そこでオリンピック大会委員長である森喜朗元総理とのバトルも行っていく中で、再度細かな試算をやり直しました。最終的に年末に行われたIOCとの会議では予算が1兆2000億円減の1兆8000億円と試算を出しました。

東京オリンピックの予算に懸念を表していたIOC会長は1兆2000億円削減した計画を評価しました。おそらく今後はこの1兆8000億円という数値がベースとなり、様々な項目に振り分けられていくことになります。

それにしても、1兆2000億減ったものの約2.5倍の予算となってしまいました。もちろんどのオリンピックにおいても予算は膨らんでおり、どのオリンピックにおいても最初の予算の1.5倍程度になっているということです。その観点からみても東京オリンピックの予算が2.5倍になるというのは不思議で仕方ありません。ちなみに東京よりも地価が高い都市であるロンドンでのオリンピックの総費用は1兆1450億円だそうです。

IOCはオリンピックの開催経費が膨らみすぎてしまうと、そのような費用を捻出できる開催国が限られてしまうことを懸念していました。3兆という金額になってしまうと誰も開催国として立候補しないのではないかと心配したのだと思います。1兆8000億円でも評価したというのは、これ以上絶対に上回るなというメッセージだと思われます。




3. 東京オリンピックの経済効果は?

そこで予算と同時に試算されるのがオリンピック開催による経済効果です。東京都は3月6日にオリンピック開催により発生する、開催後10年後までの経済効果試算を発表しました。なんと2030年までに経済効果は32兆円あるそうです!

まず大会開催を受けての設備投資や安全関連の費用、また観客による支出を試算した場合1兆9700億円の直接需要効果があるそうです。そしてオリンピック開催を受けての生産増や所得増をこの直接需要効果に考慮すると、5兆2162億円だそうです!

小池百合子一押しのオリンピックグッズはこちら!

またこのオリンピック開催による、バリアフリー対策やイベント開催、オリンピックで使用した施設の開催後の利用などを含めた場合は27兆1017億円の経済効果があるとしています!この合計が約32兆になるということです!こう見ると凄いですね!なんとオリンピック効果で雇用は194万人分が生まれるそうですよ!

このように1兆8000億円という巨額の予算となってしまっていますが、経済効果でいうと32兆円という試算がされており、やはりオリンピック開催はその土地やその土地に住む人々を潤すものなのは間違いないようです!小池都知事にはこれ以上予算が増えないようにしっかりコントロールしてほしいですね!

しかし懸念が1点あります!あれだけオリンピック予算の計算がずさんだった方々です。経済効果の32兆円試算もとても怪しいですね!効果の方は予算とは逆に実は1/4の経済効果でしたとかありそうです(笑)。いや、ここは経済効果も4倍増になる間違いを期待しましょう!ありえないですけどね!

小池百合子についてもっと知りたい方はまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・当初、オリンピック開催に立候補した時点での予算は7000億円

・小池百合子が都知事に就任する前のオリンピック予算は3兆円と4倍増

・小池百合子都知事就任後、2016年末までに1兆8000億円まで予算を減額

・IOC会長は予算に評価を示したが、これ以上増加させるなと警鐘を鳴らしている

・経済効果は2030年までに32兆円

・予算をアクロバティックに間違ってた人達なので経済効果も間違っている可能性大

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です