小池百合子は森喜朗をぶっ潰す!オリンピックの影に見える因縁とは?

スポンサーリンク

選挙期間中から様々な大物と戦い、ぶっ倒してきた小池百合子都知事。都知事当選後も、今度は都議会の大物達とバトルを繰り広げ、次々と勝利を収めていっているように見えます。

その中で、唯一といっていいほど小池都知事が苦戦している人物がいます。それは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長である元総理大臣の森喜朗氏でしょう!先日、IOCの委員長を含めた東京五輪の予算や会場についての会議がありましたが、その場面においても森元総理大臣の影響力が光っており、結局小池都知事は押し負けられた形となってしまいました。

オリンピック開催に向けて今後も小池都知事と森元総理大臣のバトルが勃発すると思いますが、実はこの2人、大分以前から因縁がありあそうです。小池都知事と森元総理の関係とはどのようなものなのでしょうか?

小池百合子都知事と石原慎太郎との因縁についてはこちら!

1. 森喜朗元総理大臣ざっくり紹介

森元総理大臣は1937年7月14日生まれの現在79歳。文部大臣や通産大臣、建設大臣、そして内閣総理大臣と歴任してきた超大物といっていいほどの政治家です。ちなみに小池都知事は7月15日生まれです。何か縁がありそうですね!

正直、特に内閣総理大臣として成果を上げたというイメージよりは、ハワイで起きた日本の高校生の練習船「えひめ丸」がアメリカの原子力潜水艦と衝突し沈没した際に、その当時ゴルフをしていた森首相に緊急連絡が入ったのに関わらず、そのまま1時間半以上ゴルフを続け、危機管理上大問題であると国会で糾弾されたような問題しか思い出せません(笑)。

しかし、ここまで長い間自民党の重鎮として君臨し、閣僚や総理として重要ポストを歴任してきたことからも相当やり手の政治家といっていいのではないでしょうか。能力が無ければすぐに蹴落とされる政治の舞台ですから、政策立案力は無くともきっと人脈や金脈などのこれぞ政治力といったところを得意とする人物なのだと思います。

小池百合子都知事と中国の超大富豪との繋がりはこちら!

2. 小池百合子と森喜朗の関係とは?

小池都知事と森元総理の因縁の始まりは自民党時代からだと言われています。小池都知事は自民党時代に現在の安倍総理の出身派閥である「清和政策研究会」(通称:清和会)に入会しているのですが、その清和会の会長でもある派閥の有力者が森元総理でした。

ただ単純に派閥のメンバーであるならばとても可愛がられたと思うのですが、自分の将来の計画実行を最短距離で駆け上がろうという性格の小池都知事ですから、その派閥の中でも実力をどんどんつけていき、重要ポストにどんどん就いていきます。これに異を唱えたのが森元総理だというのです。

小泉政権時、小池都知事が環境大臣に就任した際に森元総理は小池都知事に対し、清和会から出ていってくれと言ったそうです。理由はこの派閥の中には小池都知事の先輩で閣僚になりたい議員が多くいる中で、後輩の小池都知事が図々しく閣僚になったことだそうで、これは何事だと怒ったということです。

森元総理は昔からラグビーを愛しており、根っからの体育会系。年功序列を乱す輩は許せなかったのでしょう!対して、若い時から理想を求め海外に飛び出していた小池都知事はまさに実力主義タイプなので、そもそもの考え方が相反しているんですね!ってか年功序列で閣僚を決めてたとは!過去に無能な大臣などがいたのはそのためでしょう!

先日の記事で役所の古くから残る慣例や風土が現在の大きな問題を生んでいるということを掲載しましたが、まさに国会議員の中でも縦割り年功序列のしょうもない考えがあったことの証拠でしょう!昔はそれで良かったのかもしれませんが、現代にはそぐっていません!

小池百合子が潰したい役所の慣例・風土についてはこちら!

つまり、今は小池都知事のやり方が多くの支持を集めるはずですし、実際に集めているのですが、なぜ小池都知事はオリンピック問題で森元総理に押されているのでしょうか?




3. どうして森喜朗は今も権力を保持出来ているのか

森元総理が現役の国会議員ならまだその影響力があるのは理解できますが、彼は2012年に政界を引退しています。既に政治家ではないのですが、東京五輪の大会委員長などになり強権をふるっているのですがそれはなぜでしょうか?

やはりこの点は森元総理の一番の得意分野なのかもしれませんが、森元総理は引退した今でもパーティを開き政治資金を集めていると言われています。またその集金力は今でも健在で、とても豊富な資金があるそうです。

そして森元総理はその政治資金を若手議員のパーティ券を買ったり、派閥に寄付したりとしており、多くの国会議員は未だに森元総理をないがしろにはできない状況にあります。むしろ、資金に困っている議員は森元総理を頼っている状況です。このようなことから現在においてもとても強い影響力を保持しています。

このように森元総理のバックには多くの国会議員が味方についていると考えられ、破竹の勢いである小池都知事もかなり苦戦しています。今後のオリンピックにおけるバトルでもうまい立ち回りが必要となってくるでしょう。

そもそも、79歳のおじいちゃんが元気でいれるかどうかもわからない3年後開催の東京オリンピックの指揮をとっているというのがとても問題ですよね!オリンピック開催後の自分が生きてない時期の使い道とか真剣に考えられるのでしょうか?本当に将来都民のためになる政策よりも、今自分がチヤホヤされ喜ばれる選択ばかりしてる可能性もありますよね!バレーボール専用の体育館なんて今後10年で都民の何パーセントの人間が使うんだよって感じです!

本当に東京のためになるオリンピックにするためにも小池都知事には頑張ってもらいたいですね!しかも、最近は安倍首相などの現役大物政治家達が森元総理を煙たがっているという話がありますから、一緒にやっつけてもいいのではないでしょうか。とはいえ、森元総理の黒いお金には現役閣僚すら絡んでいる可能性もあるので難しいかもしれません。

お金が必要というなら、小池都知事と森元総理が仲良く合同誕生日パーティとか開催したらめちゃめちゃ盛り上がりそうですけどね!とんでもない金額が集まるのではないでしょうか(笑)。一緒に誕生日ケーキの火を吹き消して欲しいものですね!

小池百合子についてもっと知りたい方はまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・小池百合子と森喜朗の誕生日は1日違い

・森喜朗の考え方は小池百合子が特に嫌いな縦割り年功序列主義

・森喜朗は今でも政治資金を集め、若手議員などに配っている

・小池百合子は今後も森喜朗に苦しめられる可能性がある

・そもそも開催まで元気かどうかもわからない79歳のおじいちゃんが五輪大会委員長をしていることが問題

・小池百合子と森喜朗の合同誕生日パーティが開催されればめちゃめちゃ金が儲かる

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です