トランプ事業は失敗ばかり?大統領の失敗事業セレクション!

スポンサーリンク

実業家として成功し、ついに世界のリーダーであるアメリカ大統領にまで登りつめたトランプ氏。大金持ちで美人な妻が超有能な子供達までいる彼は、常に成功を収めてきたかというと実はそうではないようです。ここまでに至るまでに様々な事業に失敗しているというのですから驚きです!トランプ大統領はいったいどのような事業を実施し、失敗してきたのでしょうか?

もしお時間のある方はまずトランプ大統領の性格についての記事を読んでもらえると、なぜ事業失敗を繰り返しているか納得できちゃいますよ。

トランプ大統領の性格分析はこちら!

 1. 飲料事業「トランプ・アイス」

まず一番有名なのが「トランプ・アイス」。この飲料水はトランプ氏のホームページ曰く「世界で最も不純物の少ない天然水」を使用している清涼飲料水だそうです。これはそこそこの売り上げがあるらしく、トランプ大統領本人には昨年28万ドルのライセンス料が支払われているとか。

ただ、この飲料水以外にも「トランプ・ファイヤー」と「トランプ・パワー」が商標登録されていたらしいのですが、そちらも実現にまでは至らなかったそうです。両方ともフルーツジュースの炭酸飲料らしいです。

そして更に「トランプ アメリカン エール」というビールと「トランプ・ウォッカ」が商標登録されていたらしいのですが、ビールの方は流通前に2007年には取り下げられていました。ウォッカの方は流通したのですが見事に失敗。

それにしても、全てにトランプという名前が付いてるのは、トランプ大統領らしいですね!しかもお酒飲めないはずなのにビールやウォッカまでプロデュースしようとするとはさすが!そして失敗した原因がお酒が飲めず嗜好が合わなかったというんですから脱帽です!

 2. 食品事業「トランプ・ステーキ」

なんとトランプ大統領は通信販売で「トランプ・ステーキ」という高級牛肉を販売しようと試みました。結果は散々で、ほとんど売れなかったといいます。たった2か月で撤退という悲しい結末になりました。

在庫どうなったんでしょうね・・・トランプファミリーで食べてそうですね(笑)。

3. 交通インフラ事業「トランプ・エアー」

トランプ大統領は1988年に300億円の借金をしてイースタンエア社を買収し、自身の航空会社を作り上げました。その名も「トランプ・エアー」!トランプ大統領らしく、内装を超豪華にし、金のトイレまでつくったそうです!しかし、この買収した飛行機に乗る顧客はそのようなものは全く望んでなかったらしく、わずか2年で債務不履行になりました。

さすが視点が違いますね!金のトイレを作るのはやはり大物の証でしょう!

4. 教育事業「トランプ大学」

トランプ大統領が自身の成功の秘訣を教える資産形成セミナー「トランプ大学」を開講しています。開校前は選りすぐりの超有能講師陣を揃えると言っていたのですが、集まったのは学位も中途半端な人ばかりで、あげく犯罪歴のある人までいたとか。現在、受講生から訴訟を起こされてしまっています。

これだけ事業失敗を繰り返しても立ち上がり、大統領にまでなっているので、経営ノウハウよりかはその不屈の精神論を教えて欲しいですよね!

 5. IT事業「GoTrump.com」

トランプ大統領は旅行サイトである「GoTrump.com」を2006年にスタートさせました。評判は始めた当初から悪く、結局は2007年に閉鎖されています。TripとTrumpをかけたんでしょうかね。逆に今ならトランプタワーツアーなど開催したら世界中から問い合わせがあるかもしれないですよ!

ちなみにトランプ大統領は「トランプネット」という企業向け電話サービスの商標登録もしています。もちろん商標登録2年後には抹消されています(笑)。ここまでくると可愛く見えてきますね!




 6. 出版業「トランプ・マガジン」

ここまで色々やっていれば、本に手を出さないはずはないですよね。トランプ大統領は2007年に「トランプ・マガジン」を創刊しています。趣旨として富裕層向けの内容で高級品の広告市場に参入するためのものでしたが、創刊と同じタイミングで金融危機が起こって売り上げが伸びず、そのまま2009年に廃刊しました。

これは運が味方しなかったですね!とはいえ、もし金融危機が起こってなくても売れていたとは思えないです。いや、あのトランプ大統領の被り物を載せていればめちゃ売れたかもしれないですね!あの被り物は世界中でバカ売れらしいですよ!

 7. 玩具事業「トランプ・ザ・ゲーム」

トランプ大統領はゲーム会社と協力して「トランプ・ザ・ゲーム」というボードゲームを作成しました。トランプ大統領自身が出るCMもバンバンうって強気に攻めましたが、結果としては売上目標の半分にも到達せず2年後には販売終了しました。トランプ大統領はこの失敗に関して「ゲームが難しすぎた」と言う始末。ちなみに2004年にも同じゲーム会社と協力して、新ゲームを販売したのですが、もちろんそちらもすぐに消えてしまったそうです。

純粋にトランプ大統領の人生ゲーム作ったら売れると思いますよ!面白すぎですから!

 8. カジノ事業「トランプ・タージマハール」

数ある失敗の中でも、トランプ大統領が特に失敗しているのがこのカジノ事業です。「トランプ・タージマハール」「トランプ・マリーナ」「トランプ・プラザ・カジノ」などを経営したのですが、ことごとく負債を積み上げ、トータルで3回も破産申請をしています!3回も同じ事業で失敗を繰り返している人はなかなかいないと思います!違う法人だとはいえ同じ人が3回も破産申請ができるんですね!そっちも驚きです(笑)。

他にも本業の不動産事業での失敗は多々ありますが、ここまで事業失敗を繰り返している人はなかなかいないでしょう!しかも交通インフラ・食品・教育・IT・出版など多方面に事業を拡大し、その全てに自分の名前を付けているところはトランプ大統領の性格そのものですね!

とはいえ、見方を変えるとトランプ大統領はどの政治家よりも様々な業界を知っていることになるのではないでしょうか?これだけ事業失敗をしていたら労働者の気持ちもわかるのかもしれないですね!とにかくこの不屈の精神、他の人には真似できません!

トランプ大統領についてもっと知りたい方はこちらのまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・トランプ大統領は不動産業以外にも事業拡大し、多方面で失敗している

・トランプ大統領の事業は全て自分の名前を入れた商品を開発している

・これだけ失敗してもトランプ大統領に経営を任した会社はどうかしている

・彼を大統領にしたのは絶対に経営センスではなく、不屈の精神である

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です