トランプがイエメンで初の軍事作戦開始!次の標的は北朝鮮かイラン?

スポンサーリンク

常に強気の発言で外国勢力に圧力をかけているトランプ大統領。いつでも戦争していいよという姿勢は多くの外国を震え上がらせています。そのような中、ついにトランプ政権始まっていらいの軍事作成が展開されました。

トランプ政権はいったいどのような軍事作戦を実施したのでしょうか。そしてトランプ政権の次の標的となる国はどこなのでしょうか。

トランプが考える先制攻撃の可能性がある国はこちら!

1. トランプ初の軍事作戦はイエメン

イエメンとトランプ

トランプ大統領就任以来、初の軍事作戦がイエメンにて展開されました。標的はイスラム過激派組織の掃討作戦だということです。この作戦でイエメンを本拠地とするアルカイダ系組織の「アラビア半島のアルカイダ」の戦闘員14人を殺害したそうです。そして米兵にも被害が出ており4人が死亡したそうです。

トランプ大統領曰く、本作戦は見事に成功し、世界のテロを防ぐための重要な情報も入手したとメディアに発表しています。とても本作戦は成果が出たと言いたいかのようです。しかに気になることがあります。

以前からアメリカはイエメンにおける軍事作戦を展開してきましたが、大規模な戦闘でない一度の戦闘で4人もの米兵を失うのはかなりまれなことなのではないでしょうか。もちろんイエメンのテロ組織側は14名も殺害されているので、アメリカ側もこの程度の被害が出ておかしくはないとも思えるのですが、装備の差や作戦遂行能力の差も歴然とした相手に対して、こうも被害が出ているということは、多少無理をした作戦だった、もしくは作戦に失敗したのかもしれません。

アメリカがアラビア湾の入口にあるイエメンを地政学的に重要な拠点にしたいという気持ちは理解できるのですが、そこまで肩入れしなくてもほかのアラビア諸国との連携で軍事作戦は容易に展開できるはずです。ではいったに何故イエメンをしっかり攻略したいのでしょうか?

トランプの移民に対する厳しい政策はこちら!

2. トランプの次の軍事作戦の標的:イラン

イランとトランプ

このように強行的にもイエメンで軍事作戦を展開したトランプ大統領ですが、この目的はイランを追い詰めるためだと思われます。

イエメンに軍事作戦を展開している理由のひとつに、イエメンのテロ組織はイランのサポートを受けているという情報があります。この情報が確かなものとなれば、アメリカはイランに対してかなり厳しい姿勢で挑むことができるはずです。

ホメイニ氏によるイラン革命以降、アメリカとイランは犬猿の仲となっており、国交はあるものの今でもけん制し合っている状態にあります。トランプ大統領は更にイランを追い詰める口実を欲しいのではないでしょうか。

またこのようにイランが後ろで手を引いているという証拠が明確になれば、アメリカ国内におけるイスラム系移民に対する政策の支持をより強固なものにできるという目論見もあるのかと思います。

最終的にはイランへの軍事作戦を視野に入れて行動していることは間違いないと思われます。また先日承認された駐イスラエル大使もだいぶイスラエル支持色が強い人物です。イスラエルはかなりイランに対しては敵対視しており、過去にも軍事作戦においてイランの核施設を攻撃していることからも、今後の展開ではイスラエルとアメリカの奇襲攻撃などの可能性もあるのではないでしょうか。

トランプの考える核兵器による世界コントロールとは?




3. トランプの次の軍事作戦の標的:北朝鮮

北朝鮮とトランプ

CNN のHPから引用

そしてトランプ大統領が軍事作戦を考えている次の国があるとしたら間違いなく北朝鮮でしょう!かなり挑発的な金正恩の行動に対し、トランプ大統領相当苛立っていると思います。

そして北朝鮮は近日中に複合的な核実験を実施するといわれており、これが成功すると増々アメリカ本土への核攻撃が可能となる状況です。これに対してトランプ大統領が黙っているはずがありません。もちろん、北朝鮮有事を考えて韓国にTHAADミサイルを配備しましたが、中国からの批判も強く、もしかしたら韓国側が北朝鮮寄りの次期政権で撤去する可能性もあります。

韓国次期政権候補による優和的北朝鮮政策についてはこちら!

このようなことからも在日米軍で北朝鮮への軍事作戦を展開し、一気に金正恩体制を崩壊させることもシュミレーションしていると思われます。今後、より精度の高い弾道ミサイルの開発に成功すれば、軍事作戦の可能性はより強固なものになるでしょう。

とはいえ北朝鮮はアメリカに攻撃されると必ず、成功確率が低いアメリカ本土ではなく距離も近く確率が高い日本を攻撃してくると思います。それだけはまじで勘弁してほしいですね!このように北朝鮮のめちゃくちゃな攻撃の被害を受けないためにも、しっかり日本は外交でトランプ大統領と金正恩のバランスをとっていかなくては、一番損する役回りになる可能性があります。

けっこう実現する確率が高くなっているので、我々国民はしっかり監視しとかなくては駄目ですよ!ぶっちゃけアッキーが100万円渡したかどうかなど、法律的にも全く問題のない行為で国会盛り上げてる場合じゃないですよ!

トランプ大統領についてもっと知りたい方はこちらのまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・トランプ政権下で初めての軍事作戦がイエメンで展開された

・イエメンの武装勢力相手に米兵が4人も死亡するという結果に終わっている

・トランプはイエメンの武装勢力の背後にいるといわれているイランの証拠を掴みたい

・イランへの軍事作戦はイスラエルとの合同作戦になる確率が高い

・トランプは北朝鮮への軍事作戦もシュミレーションしているはず

・北朝鮮へ攻撃した場合、一番被害を受けるのは間違いなく日本

・アッキー100万円問題は辻本清美とVR蓮舫に任せればよい

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です