トランプの最新の支持率は?男女・年齢・人種別の支持率速報!

スポンサーリンク

選挙中から物議を醸しだす発言を繰り返すトランプ大統領に対して、アメリカ国民からの反発は多いものでした。しかも選挙に勝利したものの、国民からの総得票数ではヒラリー氏を下回る結果となってしまいました。現在でもアメリカの各地で反政権デモが繰り広げられている中、トランプ大統領の支持率はいかなるものでしょうか?2017年2月時点での支持率の速報をお伝えします!

1. 2017年2月時点でのトランプ大統領の支持率は?

ロイター通信が発表している情報をもとに支持率を分析してみたところ、現時点での政権支持率は41.1%となっています。これは歴代の大統領の就任直後の支持率を比較しても最低記録を更新しています。

例えば前政権のオバマ大統領の場合、就任直後の2009年の支持率は67.9%と驚異的に高い数値でした。これは歴代最初の黒人大統領ということでアメリカ国民の多くの期待の表れだと思われます。オバマ大統領の前政権でトランプ大統領と同じ政党であるジョージ・W・ブッシュ大統領は就任時は65.7%というこれもとても高い数値となっています。ブッシュ大統領に関してはイラク戦争などかなり強硬な政策を展開し、最終的には29.7%という低支持率をたたき出しました。

トランプ大統領に関しては当選直後から色々な問題発言や強硬政策を実施しているので、結果が出なければ今後グイグイ支持率が落ちてくる可能性があります。そもそもスタートの時点で大分低い数値であり、これからも順調に支持を落としていった場合、本当に1期4年で終わってしまうかもしれません。

2. 男女別のトランプ大統領の最新の支持率は?

まず男女別で比べてみると、男性の支持率は46.8%あるのに対し、女性からの支持率は35.9%でした。これは選挙期間中から繰り返される女性軽視の発言や姿勢がかなり影響しているのではないかと思われます。また、離婚を繰り返し3回結婚していることも一般的に見たら奇異に映っているのかもしれません。

他方、男性の支持率は高いとは言えませんが低くはないので、やはり世の男性はどこかでトランプ大統領に憧れているのでしょうか?世の男性は嫁の言いなりとなり、家族には虐げられ、アリのようにせくせくと働いているのです。心の中ではトランプ大統領のように女性にガツンと言い、何度も美女と結婚したい!と思っているはず。そうです、口には出せませんがけっこう理想なのです!




3. 年齢別のトランプ大統領の最新の支持率は?

30歳未満の国民のトランプ大統領の支持率は32.7%ととても低いものとなっています。30代の人々の支持率は40.1%、40代が42%、50代が44.4%、60以降の年齢の支持率が44.6%となっており、年代が上がっているにつれて支持率が高くなっているのがわかります。これは女性軽視や移民排斥の主張を繰り返すトランプ大統領の考えが、今後のグローバル社会を担う30歳未満の若者に対して明確に支持されていないことの現れだと思います。

他方、年齢が高い人にとっては昔の単独で強いアメリカのイメージが残っており、トランプ大統領の意見に同調する保守層が多いということなのでしょう。

またこれは日本でも同じ現象が起こっていますが、若年層が選挙にあまり行かないことで、政治家は選挙に多く行く年齢層が喜ぶ政策ばかり打ち立てる傾向があります。どこの日本の国とは決して言いませんが(笑)、結局は株式を多く持っている年齢層の人たちが喜ぶような後先考えない政策を繰り返し、日経平均を一時的に上げちゃったりすることに注力し、年金などの未来に必ず起こる課題を後回しにしてしまうわけです。まぁでも理にはかなっていますよね!だって若い人が選挙行かないんですから!

話題をアメリカに戻しますが、トランプ大統領は今後もミドルエイジの労働者層が喜ぶような発言を繰り返していくに違いないと思います。酒場の男たちの愚痴を実現していくということになるかもしれません!それはそれで凄い実行力ですよ!

4. 人種別でのトランプ大統領の最新の支持率は?

人種別で支持率を見てみると、白人が47.4%、黒人が28%、アジア系が37%という数値になっています。この数値をパッと見てやはり白人が高く、黒人からは支持されてないなと思いますが、ちょっと不思議な数値なのがアジア系の支持率です。意外と37%もあります。今トランプ大統領が敵対視している移民はメキシコや中国、中東諸国の移民でこのアジア系という分類に入るので黒人よりも低くていいと思うのですが、この結果は何故なのでしょうか?

黒人はやはり差別の歴史を背負っており、トランプ大統領の差別に繋がる発言に共感できないものと思われます。他方、アジア系に関しては推測ですが以下のように考えられるのではないでしょうか。彼ら自身も移民としてアメリカに入ってきて苦しい中で永住権や国籍を獲得し、仕事に付いてきた人々なのかと思います。そのような中でどんどん移民を受け入れると自分たちの仕事が真っ先に奪われていくという恐怖心があるのではないでしょうか?国籍を持っている彼ら自身もアメリカの景気に左右されて仕事があったり無かったりするはずです。今後自分たちの仕事を確保していくためにも、あまり外から来て欲しくないというのは心境として理解できるのではないでしょうか?

このようにトランプ大統領は2月の時点で大統領就任直後としては史上最低の支持率をたたき出しました。しかし、支持層の傾向が明確に出ているのでそれぞれに合わせた政策を実行していき、一番支持率に影響すると思われる経済政策で結果を出せばぐっと戻ってくるに違いありません。

支持率が戻れば戻ったでまた爆弾発言を連発すると思いますが(笑)、戦争だけは起こさないようにしてほしいですね!ちなみに戦後一番支持率が低かったのはニクソン大統領で1974年にたたき出した25.7%です!これはウォーターゲート事件でニクソン大統領が退陣したタイミングですね。トランプ大統領はお金持ちなのでワイロいらないと考えると、やはりこの支持率を下回るケースは女の子にちょっかい出すか戦争するくらいしかないと思うので、出来れば女の子にちょっかい出して下回るように祈っています!

トランプ大統領についてもっと知りたい方はこのまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・2月の支持率は41.4%と大統領就任直後としては史上最低

・世の女性に虐げられる男性からの支持が多い

・中年層の酒場での愚痴が政策に反映されていっている

・案外、アジア系から支持されている

・世の中変えたいならやはり若者はしっかり選挙に行くべし

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です