トランプついに核戦力を強化!核兵器増加の発言は本当か!?

スポンサードリンク

選挙期間中は核兵器増強に関して多々発言していたトランプ大統領。あまりに過激な発言なため選挙期間中のパフォーマンスかと思っていましたが、ついに2月25日の記者会見で就任後初めて核戦力増強に関して発言をしました。これはアメリカメディアだけでなく世界中で注目されたに違いありません。トランプ大統領の発言の内容と今後の影響はどのようなものになるのでしょうか?

トランプ演説による為替や株価の影響についてはこちら!

 1. トランプ大統領の発言内容は?

25日のメディアでの記者会見で、トランプ大統領はアメリカの核兵器戦力は他国と比べて遅れ始めており、以前のような強いアメリカに戻るためにも核戦力を増強していかなければならないと発言しました。

これだけ冷戦後核軍縮の流れで世界が核の減少と管理の徹底を推し進めている中、まさに逆行する発言は世界も驚いたのではないでしょうか?一応、トランプ大統領はこの発言の後に、目指すべきゴールは世界から核が無くなり平和となることであると言っています。そして続けて世界的にみてまだ核を完全に廃棄することはなく、そういう状況であればアメリカは圧倒的に核戦力が強い国であるべきだということを伝えました。

確かにこの発言には一理あるかもしれません。北朝鮮ももちろんそうですが、中東諸国なども核開発を急いでおり、IAEAなどで核開発の管理や規制をしたとしても結局抑えられない状況にあります。どれだけ核を減らそうといっても、核を持って国力を強めようとする国がある限り完全に廃棄は難しいでしょう。そして、そのような核保有国をコントロールするためには圧倒的に強い軍事力=核保有をしなければならないというのはその通りなのかもしれません。

 2. トランプ大統領の核増強発言の裏にあるのは?

この発言については、もちろんトランプ大統領の性格的なものでもあると思いますが、大きな理由の一つとして去年の12月のプーチン大統領の発言の影響があるものと思われます。

去年の12月にロシアのプーチン大統領はロシアにおけるミサイル戦力の増強や核戦力の強化について言及しました。アメリカとロシアは2強大国として中距離核戦力全廃条約などを結んでいますが、実施されればその条約の内容にプーチン大統領の発言内容は違反するとして抗議する反応をトランプ大統領は示しています。そしてそのプーチン大統領の発言直後には得意のtwitterで他国がしっかり核兵器廃絶に向けて正しい判断を行っていくまでアメリカは核戦力を増強すると怒りのツイートをしました。

選挙期間中からロシアとの蜜な関係を疑われていたトランプ大統領、最近は火消しに大変で自分の側近の大統領補佐官まで辞任させていましたが、今回も12月のツイッターの延長戦でロシアとの対抗姿勢を示そうとしたものかもしれませんね!

結局今までは米露ともに核軍縮の方向性を維持してきたのが、2か国とも増やすという判断をとっていることに驚きです。プーチン大統領も強いロシアを作るという姿勢で国民の期待を引き付けている傾向があるので、もしかしたトランプ大統領とプーチン大統領が先に核強化の話をしていて、他国をビビらすために一緒に増やしましょうという話をしたのかもしれません。ではそのビビらしたい他国とはいったいどの国なのでしょうか?

トランプ大統領とプーチン大統領の関係を知りたい方はこちら!

3. トランプ大統領がけん制したい国はどこ

米露を脅かす存在となっているのはもちろん中国でしょう。現在中国は250発程度の核弾頭を保有していると推定されています。これは米・露・フランスに次いで世界の4番目の保有数で2006年にイギリスの保有数を超えました。これは各国が核兵器を減少させている中で常任理事国では唯一中国のみが核兵器を増加させていることになります。

このような状況を鑑みて、アメリカとロシアは中国を強くけん制する意味も込めて核戦力を強化すると言っている可能性があります。現在オバマ政権時代においての対中外交では考えられない強固な姿勢で挑んでいることを考えると、そしてかなり親ロシア対応をみてみても、決してありえない話ではないような気がします。

トランプ大統領の中国に対する政策はこちら!

これはもしかしたらですが、ロシアも対中国にたいしては今後厳しく対応していく可能性があるかもしれませんね。とはいえ、ロシアは経済的関係性からしても中国と仲良くして損はしないはずなので、そこはうまいことやるのではないでしょうか。

結局得をするのは現状ではやはりロシアなのかもしれないですね!とにかく、トランプ大統領、核戦争だけは絶対に起こさないでくださいよ!増やすと言ってますがアメリカは既に4700発程度の核兵器を持ってるんですよ!

トランプ大統領についてもっと知りたい方はこちらのまとめ記事をチェック!

この記事のチャナレはこれだ!

・トランプ大統領は就任後初めて核増強に言及した

・2016年12月のプーチン大統領の発言に強く反応した

・もしかしたら米露はともに核を増やそうと歩み寄っている

・もしかしたら米露がけん制したい相手は中国

・どちらにせよ最後はロシアが得をしそう

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です