トランプは実はテレビ大好き!? SNSメディア戦略を徹底検証!

スポンサーリンク

選挙期間中からお茶の間を騒がせてきたトランプ大統領。現在もその勢いを衰えさせない形でアメリカ国内だけでなく世界中に向けて様々な情報を発信しています。今注目を集めているのはツイッターでの呟きですが、他にも昔から新聞、雑誌、テレビと色々なメディアを使ってきたと言われています。このような中でトランプ大統領は過去から現在にあたってどのようなメディア戦略を行ってきたのでしょうか?

 1. トランプ大統領の使用しているメディアはSNS?

トランプ大統領といえばやはりSNSをうまく使っていると言えるでしょう。特にツイッターを使って発信される彼の意見はとても刺激的なものが多く、現在もその「呟き」に多くの人が振舞わされています。

現在トランプ大統領のフォロワー数は2500万人を超えていると言われています!凄いですね!前オバマ大統領のアカウントフォロワー数は約8500万人らしいですが、注目度で言えば断然今後の政策に繋がってしまいそうなトランプ大統領の「呟き」だと思うので、これからもグイグイ増えるのではないでしょうか?とはいえ、けっこうインパクトのある内容をSNSで呟いてしまうトランプ大統領、もうそれは呟きではないですよ!

 2. トランプ大統領と新聞やテレビとの関係は?

トランプ大統領はSNSを使っての情報発信に力を入れていますが、これには意図があると言われています。よく言われるのが無料のSNSはフォローという形で直接支持者と繋がることができて効果的だということです。

確かにそうなのですがこれだけではないのです。無料のSNSで過激な発言をすることで、その発言の意図をテレビや新聞がこぞって報道するのです!そして何千万人、いや世界中の何億人という人々が彼の名前を目にすることになります。

今や彼の呟きひとつひとつに主要メディアが翻弄される形となっています。これはとても重要で、トランプ大統領はかなりの金額の広告宣伝費を節約していると言えます!選挙の際、トランプ大統領は過去の当選した大統領と比べても1票あたりにかかったコストが大分安いと分析されています。例えば同じ共和党のブッシュ元大統領が当選した際、1票あたりにかかったコストが約5200ドルと言われていますが、トランプ大統領は約300ドルでした。なんと過去の大統領と比べて約17分の1の費用で当選したのです!選挙費用はキャンペーンと広告宣伝費がほとんどなので、どれだけ広告宣伝費を節約したかわかります。

ここから見ても完全にメディアを逆手にとって動いているのがわかりますね!彼の強気の発言が報道されない日はないので、勝手に多くの人は彼を知ることになります。そして報道内容は否定的な内容でされると思いますが、心の中では「実は私もそう思う!」という人々の支持をとりつけていったと言っていいでしょう。これは現代アメリカのジレンマと上手くリンクした戦略だったのかもしれません。そう考えるとやはりトランプ大統領凄いですね!でも何度見ても、感情に任せて怒っているとしか思えない時が多々ありますが(笑)。




 3. トランプ大統領の自己ブランディング

このような中でトランプ大統領がメディア戦略として一番重要視しているのが「自己ブランディング」でしょう。徹底的に自分はこういう人間だ!ということをメディアの前で振る舞うことによって受け手のトランプ像が出来上がります。

今回は前オバマ大統領とは真逆の人間だということが強烈に印象付けられました。そして前政権に不満を持っていた層や保守層、特に白人の労働者層から多くの支持を得ることになったのです。

また徹底的に主要メディアをテレビカメラの前で罵るのは視聴者として痛快です。ネットの情報が飛び交うようになって、主要テレビや新聞が自分の都合の良いことしか報道しないというのは日本でも露骨に表れています。視聴者もそれがわかっているので主要メディア批判は受けが良いでしょう。やはり多くの人々がこいつらは信用ならないとわかっていながらも慣れているし手軽だから「見てしまう」主要メディアの報道に、主要メディアの報道の中で文句を平然と言ってのけるトランプ大統領は「実は私もそう思う!」ということの代弁者なのかもしれません。

トランプが司会のテレビ番組とは!?あの名言と政治との関係性は?

それで「トランプ大統領=我々の代弁者」と形作られるんですね。安倍首相の朝日新聞批判と似ていますね。橋本元大阪市長もメディア批判しまくってましたね。メディア批判をするってけっこう政治手法として今や鉄板なのかもしれないですね(笑)。

トランプ大統領のメディア戦略はとても低コストで考えられた方法だということです。トランプ大統領が賢くやっているのか、はたまたトランプ大統領のメディア戦略担当が賢いのか、恐らく後者だとは思いますが、やはり人々の心を掴む才能はトランプ大統領にはあるのだと思います。気になるのがトランプ大統領も橋本市長も政治家になる前はテレビ出まくってました。橋本市長は政治家引退後またテレビに戻ってきてますね。やはりテレビとは政治家時代にキレまくっても、切っても切れない縁があるのでしょう。キレても切れない縁ですね。仲良しですね!

トランプ大統領についてもっと知りたい方はこのまとめ記事をチェック!

 この記事のチャナレはこれだ!

・ツイッターフォロワー数は現在2500万人

・もはや呟きの次元を超えている

・メディアに批判されることで、メディアを利用し、メディアを批判することで、聴衆を味方につけている

・自己ブランディングが一番重要

・なんだかんだ言ってたぶんテレビ大好き

如何でしたでしょうか?応援頂ける場合は下のバナーをポチッとクリックお願いします!

  にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です